宇宙人はいますか?とSiriに聞いた人に真面目に答えてみる

―あいつ濁してばっかだ…

 

Siri
宇宙人はいますか?
と聞くと肩透かしに
あってしまいます。

 

都市伝説的には、
それを聞いた時点で
あなたはロックオン
された訳ですが 笑

 

それはいいとして…
本当に宇宙人はいるの?
という疑問に対して
面白い話があるようです…

こんな方にオススメ!
Siriに「宇宙人はいますか?」と聞いたけどまともに取り合ってもらえなかった方

宇宙人はいるのか気になる方



広告


可能性は無限大だ

宇宙人はいるのか
という議論については
実は様々な見解が
なされています。

 

単純なのは、
「いない」と
言い切れないから
「いる」んだよ!

 

…という
ラーメンズのコントで
見たような理論です。

 片桐仁と息子の出演作は?共演する姿が微笑ましい!

 

Siriが言う
ゾルタクスゼイアンの
人達もいないと
言い切れないので
いる可能性があります。

 

しかし、
じゃあなぜ接触したり
惑星から侵略者が来たり
しないんですか?

…と、
厳しい質問が
帰ってきますよね。

 

で、
余りにも距離が…とか
文明のレベルが…とか
電波の規格が…とか
そういう話になり
平行線ですね。

 

そして最終的に、
ビートたけしさんが
出てる年末特番の様に
なってしまいます 笑

 

因みに、
アメリカのNASAは
否定できないために
存在を認めている
というか信じている
という立場です。

 

こういった面白いモノが

さて、
ではどうやって、
宇宙人の存在を
否定・肯定すれば
いいのでしょうか?

 

スケールが大きすぎて、
それすらできないので
困りますが…

こんな研究があります。


(引用元:カラパイア
URL http://karapaia.livedoor.biz/archives/52220051.html)

これは、
宇宙人の存在確立について
ボトルネックになる確率を
認識しやすくしたものです。

 

これを見ると、
我々も奇跡的存在で、

文字通り星の数ほど
存在している惑星の内、
太陽と地球の位置と似た
水の存在できる条件で、
生命が発生し、
知能を持ち、
星間通信を考え実行、
そして現在も文明が
存在し続けている…

と言うものです…

 

ただ、
あくまでモデルとしての
式であり普遍的な物
ではありませんが…

 

ですが、
これ等の確立は
一部明らかになっており、
いよいよもって
否定しきれなく
なってきているのです。

 

肯定的な科学者は、
宇宙史における文明は
一兆個は存在していた
と考えています。

 

宇宙が広がり続け、
惑星が生まれ続けている
と言う事実もわかり、
可能性は広がり続けている
と言えます。

 

そのため、
宇宙人はいますか?
と言う疑問にSiriが答えた
ゾルタクスゼイアン人も
あながち…

 

ポジティブすぎますかね? 笑

広告


簡単に言うと…

何のこっちゃ?

と言う方の為、
もっと簡単に言うと…

今も広がり続ける
サハラ砂漠の砂に
砂金が混じっているかどうか
考えるようなもの
でしょうか…。

(的確な例えかは
微妙かもですが…)

 

川が無いんだしある訳…

と否定しようとしても、
砂の数が膨大かつ歴史も長く、
「一粒一粒調べたのか?」
と言われると否定できない…

 

もしかしたら、
砂金が出る川があったかも、
昔の人が落とした砂金が
混じっているかも…
とか考えるともう…ね…

 

ポジティブVSネガティブ

この話は要は、
楽観視するのか
悲観視するのか
という考え方で
数字の捉え方が
変わるのかもしれませんね。

 

科学者たちは
数値や調査を基に
論理的に宇宙人の存在を
探っています。

 

ネガティブに論ずれば、
「単なる奇跡」
「存在しえない」
など言えてしまいます。

 

しかし、
ポジティブに論ずれば
いくらでも話が
広がりますね。

 

なんたって、
否定しきれない以上、
仮説が際限なく
生まれてしまいますから…

 

宇宙人にまつわる仮説の数々

宇宙人が交信を既に
試みているものの
こっちの技術が足りてない…

こっちの規格と違う…

UFOは宇宙人の偵察用…

NASAはもう知ってる…

などなど…

 

勘ぐりまくって、
宇宙人の存在を
確認できないのは
隠ぺいされているから…
という陰謀説も…笑

 

う~ん、
人間の想像力って
素晴らしい 笑

 

そしてそのどれもが
否定しきれないあたり…

余計もやもやするという…

 

そういえば、
宇宙に人類しかいないのは
仮想現実だから…

 

とかいう理論も
見たことありますね。

これがゲームなら
ゲーム(箱庭)の
外側に誰もいないのは
必然でしょ?

…というもの。

 

昇天すると
空間から出られるという
没後世界の疑問も解決する
恐ろしい理論です。

 

これに至っては
証明のしようが
無いですね 笑

 

こうなると、
どこまでが科学で
どこからがオカルト
なのか…

 

いや、
意外と紙一重なのか

 

混乱してきますね。

広告


まとめ

結局のところ、
宇宙人はいますか?
という問いの答えは
考え方によるというもの。

(今のところ)

 

ネガティブに考えると
「限りなくいない」

ポジティブに考えると
「いる可能性がある」

 

なんせ、
可能性が広がり続けて
いますからね。

 

先ず、
どちらのスタンスで
考えるかで
見解が大きく
分かれそうです。

 

これが、
地球外文明の痕跡
交信の傍受などがあれば
いる可能性が
高まるのですがね…

 

地球のスペースデブリに
地球のモノじゃないのが
混じってたりして…

 

私個人は、
ポジティブ派ですね 笑

 

宇宙の広さに
可能性を賭けたいですね。

Click! オススメ関連記事
ゾルタクスゼイアンとは?ちょっと怖い話。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA