請川博一:プロフェッショナルでドローン空撮を紹介!経歴は?

―注目のドローンパイロット!

 

5月23日オンエア
プロフェッショナル
請川博一さんという方が
紹介されるそうです。

 

この方は、
今、撮影業界で注目される
ドローンパイロットだそうですね。

 

そこで今回は、
この請川和博さん
焦点を当ててみようと思います!

こんな方にオススメ!
請川博一さんが気になる方

5月23日放送のプロフェッショナルが気になる方



広告


新たな産業革命とドローンパイロット

昨今の大きな発明の一つ
といっても過言ではないドローン

 

まだ生まれて間もないですが
通信・物流から災害の現場まで
様々な活躍が期待されています。

その一方で
事故や法規制の問題もありますね。

 

そんな中、
このドローンの発明に
大きな変化が起きているのが
撮影業界だそうです。

 

ドローンのお蔭で
無人での空撮が
可能になりました。

 

これによって、
今までは再現が難しかった
アングルの撮影ができ、
空撮の可能性が広がりました。

 

しかし、
そのドローンを利用しての空撮には
高度な技術が必要だそうです。

 

そのため、
ベストなワンカットを
安全かつ確実に収められる
ドローンパイロット」が
必要不可欠なのです。

広告


映像表現のプロ:ドローンパイロット請川博一さんの経歴

そんな
ドローンパイロットを必要とする
撮影現場で活躍しているのが
今回注目されている
請川博一さんです。

 

請川博一(うけがわひろいち)さん
北海道旭川市が本拠の
有限会社レイブプロジェクト
という企業の代表取締役をしつつ、
ご本人もドローンパイロットという
背景の持ち主です。

 

請川博一さんの会社は
元々産業用ヘリコプター
(無人のラジコンヘリ)
の操縦を主に請け負っていた
そうです。

 

その経歴30年になります。

 

産業用のヘリコプターでは
空撮や農薬散布などの仕事を
請け負っていました。

 

その知識や経験を生かし、
ドローンが普及し始めた時には
スグに導入、ドローンによる
空撮等の業務も始めたそうです。

 

近年は空撮業務が多く、
年間250件以上の仕事を請け負う
空撮業界の寵児です。

 

請川博一さんが携わった映像作品を紹介!

では、
実際に請川博一さんが携わった
映像作品を見てみましょう…

サントリー:オランジーナCM「先生登場編」

序盤に注目です。

 オランジーナ『先生登場』篇 30秒 サロメ・デ・マート 木村文乃 佐藤二朗 小峠英二 サントリー CM

 

海岸線を
ズームアウトしていく映像は
ドローンの撮影じゃないと
こう上手くは取れなさそうですね。

 

ですが、
ロケ地は海岸沿い。

ドローンは風の影響を
受けやすいので、
撮影は難しかったのでは
ないでしょうか。

 

クラレCM「ニューヒロイン登場編」

コチラは
自転車と並走するシーン

 黒島結菜、アルパカと北の大地を駆ける クラレ『ミラバケッソ』新CM「ニューヒロイン登場」篇

 

こういった
ある程度速度の付いた動体を
追いかけつつ撮影するというのも
ドローン空撮の得意技ですね。

 

そのまま
引きのカットに持っていったり
アングルを変えたりと
自由自在なのも
空撮業界の革命を感じますね。

 

しかし、
これ等の撮影には
請川博一さん
ドローンパイロットの腕も
あったからなんですね!

 

請川博一さんの挑戦

今回の
プロフェッショナルで紹介される
撮影はこのクラレのCMを
更に難しくしたような依頼でした。

 

タイヤのプロモーション映像として
時速40kmで雪上を走る車の
タイヤに低空で並走した後
雪原全体へ引いていくという
一連の映像の撮影です。

 

風の流れや機体のメンテナンス、
ありとあらゆるリスクを
想定・排除したうえで行う撮影は
困難を極めたそうですね…。

 

プロフェッショナル
予告映像にもチラッと
出ていますが、
緊張していることが
うかがえます。

 

完成した映像が気になりますね!

 

※以前のプロフェッショナルで
注目された方の記事もあります!
…逆境を乗り越えて…

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA