トーライ・ケリー:グラミー最優秀新人賞に王手!曲を紹介

年末年始も今日でおしまいという方
多いのではないでしょうか?

 

刻一刻と2月が近づいており、
もう少しでグラミー賞の季節と
非常にワクワクしております!

 

さて、
今回は、そんなグラミー賞
最優秀新人賞にノミネートされている
トーライ・ケリーについての記事です!



広告


トーライ・ケリーとは?

トーライ・ケリー
1992年12月14日生まれの
アメリカ・カリフォルニア出身の
シンガーソングライターです。

 

ジャマイカ系のお父さんと
アイリッシュ・ドイツ系の
お母さんの間で生まれ、
様々な音楽を吸収したそうです。

 

その影響からか早くから
才能を見せていたようで、
ティーンエイジャーのころから
ネットやテレビで
注目されていました。

 

その後も独立しEPをだし
人気を博していました。

 

そして、
2015年6月23日に満を持して
デビューアルバム
”Unbreakable Smile”をリリース。

 

アメリカの
アルバムチャートで2位
カナダの
アルバムチャートでも3位
という成績をとりました!

 

そんな、トーライ・ケリー
グラミー賞最優秀新人賞
ノミネートされています!

 

※他の賞ではこんな人たちも
ノミネートしています!
=>アラバマシェイクス‐CM曲のサウンド&カラーがグラミーに
・・・カッコいいサウンドをお聞きください!

広告


トーライ・ケリーの曲を紹介!

トーライ・ケリーの持ち味は
なんといっても流れている血
が感じられる歌い上げ方
にあります!

 

彼女の歌い方は
黒人歌手と白人歌手の感じの中間
のような感じです。

 

非常にいいとこどりな感じで、
迫力のあるシャウトのような
歌声を持ちつつも
どこかライトなのです!

 

では、実際に、
グラミー賞に王手をかけている
トーライ・ケリーの曲を
いくつかご紹介しましょう!

 

”Nobody Love”

この曲は、
上述したトーライ・ケリー特徴
良く表れている曲だと思います!

 

=>Tori Kelly – Nobody Love (Official)

 

あと、余談ですが、
もしかしたら、
この”Nobody Love”
聞いたことがある方
いるかも知れません。

 

どうやら、この曲、
結婚式でよく使われる曲
一つだそうです。

 

もしかしたら、
宴会場等で聞いたことがある方は

「聞いたことある!」

となったかもしれませんね!

 

“Should’ve Been Us”

コチラは90年代っぽい
雰囲気の曲です!

 

=>Tori Kelly – Should’ve Been Us (Official)

 

非常に大人っぽいクールさを出した
歌い方もできるみたいですね!

 

自分が至らぬゆえ、
「~っぽい」
と例えられるものが
見当たらないのですが…汗

 

まとめ

若い頃から才能を開花させている
トーライ・ケリー

 

そのバックグラウンドを
味方に付けたボーカルは
独特の魅力を持っています!

 

彼女がグラミー賞最優秀新人賞
に輝くのか?
見逃せないですね!

 

※トーライ・ケリーの対抗馬は?続けてチェック!
=>コートニー・バーネット不思議歌詞&曲が最優秀新人賞候補
・・・この不思議さが新鮮!

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA