トリプル台風の原因とは?2016年に発生し続けた2つの理由

―トリプル台風で列島大荒れ

 

ここ数日、
日本列島は大荒れです。

 

日本は元来
こういった災害に
悩み続けた国なので、
大したことはないですが…

 

それでも、
近年の気象状況は
変な感じですね…

 

そこで今回は、
2016年を騒がす
トリプル台風について
調べてみました!

こんな方にオススメ!
2016年8月のトリプル台風の原因が気になる方



広告


そもそも、台風はどうやってできるの?

はるか昔に、
こんなことを勉強した
気がするような
しないような…

 

まぁ、
遅れてやってきた
自由研究だと思って
ここからお付き合いください 汗

 

台風とは

台風は、
熱帯の海で生まれた
低気圧が成長して
強くなったものです。

 

そして、
この低気圧は
熱帯低気圧といいます。

おそらく、
天気予報や天気図で
見た方・聞いた方
いるのではないでしょうか?

 

とりわけ、
日本の南・東南アジア付近の
海で生まれた熱帯低気圧が
発達・成長したものを
「台風」と呼んでいます。

 

因みに地球上では、
赤道付近のどの海上でも
台風のような現象は
存在しており地域によって
  • ハリケーン
  • サイクロン
  • 台風(タイフーン)
と分けて呼ばれます。

 

熱帯低気圧と台風

南の海が熱せられて
上昇気流ができ、
空気の渦ができます。

 

その過程で、
水蒸気が積乱雲に
積乱雲が熱帯低気圧に
熱帯低気圧が台風に…

…と成長していきます。

 

そして、
海上にある間は、
水蒸気を集めて
エネルギーを保ったまま
北上を始めます。

 

なぜ台風は7~9月に多く日本に来るのか?

台風は、
高気圧の縁に沿って
上空の風に乗り
北上していきます。

 

日本でピークになる
7~9月の時期は
上空の南風が強いです。

更に、
太平洋高気圧が
日本列島の東から
張り出してきます。

 

そのため、
日本列島を通過する
台風が多いのです。

広告


2016年8月に来たトリプル台風の原因は?

さて、
これを踏まえたうえで、
今回のトリプル台風
見てみましょう…

 

理由1:フィリピン沖の海水温が高い

台風が発生した
フィリピン沖の海水温は
高い状態が続いていました。

 

台風は、
海水が熱せられた時の
水蒸気と上昇気流が
エネルギーの源ででしたね。

 

それ故、
この海水温が高い状況は、
台風ができやすい状況だった
と言えます。

 

 理由2:太平洋高気圧がトリプル台風を誘導

日本の夏が暑い理由は
この太平洋高気圧が
覆いかぶさるため
なのですが…。

 

丁度、
トリプル台風が襲来した
時期の太平洋高気圧は、
少し東寄りの引いた所に
位置していました。

そのため、
太平洋高気圧の縁を
通る傾向のある台風が
日本を直撃してしまいました。

広告


予測不能で混乱するトリプル台風

さらに、
トリプル台風の
質が悪いのは、
予測しにくい事です。

 

ちょっと、
台風の進路予想を
見てみましょう…

台風の進路予想
(引用元:ヤフージャパン
URL http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/?c=1)

台風9号は
太平洋高気圧沿いに進み、
北上したために
列島直撃しています。

 

一方で
台風10号の方は…

じゃあ俺、帰るわ―

的な動きを見せて
いますよね…

 

低気圧が
複数個存在したときに
相互効果が生まれて
進路が変わったりする事を
藤原の効果
というのですが…

 

それが
起こっているみたいですね。

 

※実際にはその他の
影響も考えられる。

 

これが、
予測を難しくさせる
要因になっています。

 

台風が複数来た期間の
天気予報はあてにしない方が
良いかもしれません。

 



 

今回の台風で、
ダムは潤うでしょうが…
別のところに被害が
ありそうです…

 

皆さんも、
台風にはくれぐれも
お気を付け下さい。

 

Click! オススメ関連記事

え?帰ったんじゃなかったの!?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA