東海林弘靖(照明デザイナー):経歴と作品を紹介!命の光とは

―命の光とは…?

 

12月5日放送の
プロフェッショナルでは

照明デザイナーの
東海林弘靖さんが紹介されます。

 

以前話題なった
あの建物も彼のデザイン
という事で…

 

今回はその経歴や作品を
紹介していきたいと思います!

こんな方にオススメ!
12月5日放送のプロフェッショナルが気になる方

 東海林弘靖さんの作品や経歴が気になる方



広告


東海林弘靖さんがプロフェッショナルに!

今回特集される
東海林弘靖さんは

照明デザイナーとして
様々な建築物の照明を
デザインされている方です。

 

こうした
デザイナーの方は名前より
作品の方が有名になりがちな
イメージですが…

 

実は数年前に話題だった
あの建設物のデザインも
手掛けていたという事で
驚きました!

 

そこで、
興味を持ったので
東海林弘靖さんの経歴から
見ていきたいと思います。

 

東海林弘靖さんの経歴は?

まず、
この読みに困った方も
いるかもですね 笑

東海林弘靖さんは
しょうじ ひろやす
と読ませます。

 

珍しい名前ですね。

 

決して
とうかいりんでは
ないですよ 汗

 

さて、
彼は1958年生まれ。

出身は福島県。

最終学歴は
工学院大学大学院修了。

 

元々東海林弘靖さんは
建築デザイナー志望でした。

 

しかし
建築デザイナーには
「家柄の問題」も少なからず
関わっていた時代でした。

そんなとき、
」という建築の一要素に
魅せられてしまい…

 

照明デザイナーへと
方向転換します。

 

そうして
照明デザイナーとして
様々な作品を手掛けつつ、

テレビ・ラジオ・書籍などで
照明デザインの周知にも
勤めています。

広告


東海林弘靖さんの代表作品

さて、
気になる
彼の作品なのですが…

 

かなり沢山の作品を
手掛けていらっしゃいます。

 

年間数十件のプロジェクトを
並行して抱えているので
様々な作品があるのも
頷けますね。

 

そこで、
強いて一つ紹介なら
話題性抜群だった

二子玉川ライズ

ですね。


(引用元:日本国際照明デザイナーズ協会
URL http://ialdjapan.jp/project/564.html)

 

二子玉川駅傍が
大々的に再開発されて
話題になりましたよね。

 

そして
数年前に出来上がった
二子玉川ライズの建物。

 

駅からショッピング街、
公園までを整備され
印象的でしたよね。

 

東海林弘靖さんは主に
駅から商業・業務の地区
までをプロデュースしました。

 

この
二子玉川ライズでは
建物を静かな夜を彩る
宝石」のイメージで
作っています。

 

宝石は光を反射して
はじめて輝きますから…

東海林弘靖さんの
添える様な照明は
コンセプトにぴったりですね!

 

私も、
ここには何度か
行ったことがありますが…

夜は少し落ち着いた
おしゃれな雰囲気が
漂っていますよね。

 

なんというか、
でしゃばらない照明
この雰囲気を演出して
いますよね。

 

さて、
こうした東海林弘靖さんの
抑えた照明の在り方…

それは、
命の光」という
考え方にあります。

広告


「命の光」とは?

3・11

東日本大震災で
東海林弘靖さんの
出身地は被災地になりました。

 

これは相当の
ショックだったと
おもいます。

 

それに電力不足が併発。

 

都市部の被害も
それなりにあったのですが
皆が計画停電に協力し

被害直後の期間を
日本中で支え合って
いましたよね。

 

そんな折、
東海林弘靖さんは
光の大切さに気付かされ、

同時に
闇の大切さにも
気付いたのです。

 

更に、
彼の元に舞い込んだ
番組の企画で訪れた
パプアニューギニアで
新たな発見をします。

 

…それは、

電気の無い島

 

その島には
太陽や炎、蛍の明かりが
存在しているのみ。

 

現地の人は
ヤシの油に火をつけ
夜の闇をしのぐそうです。

 

なので、
家にともる明かりは
生きている証拠。

 

家から光りが漏れないと
村は心配して
騒ぎになるそうです。

 

東海林弘靖さんは
長老に光の存在意義を
インタビューしたところ…

光は命のシンボルだ

と応えたそうです。

 

それに感銘を受け、
命の光」を大切に、
仕事に励むようになり…

 

不必要に
ぎらぎらした光などに
強く疑問を抱くように
なったそうです。

 

そして、
光と闇の塩梅を
強く意識するように
なったそうです。

 

まとめ

建物の美しさを
照明と言う雰囲気作りで
ささえている東海林弘靖さん。

 

光と闇のコントラストが
非常に美しい彼の作品の
背景には…

辛い経験と
感動的なエピソードが
ありましたね。

 

さらにそれを糧に
より仕事に磨きをかける…

東海林弘靖さんの働き方、
カッコいいですね!

Click! オススメ関連記事
こんな安全を守るプロの仕事にも注目しました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA