SMAP解散の真相…最新の情報を分析!原因は香取信吾?木村?

―紛糾するこの話題

騒動勃発後、
木村拓哉さんが
帰国後弁明しています。

 

最初の解散騒動から
ずっとそうですが…

 

この騒動は
実態が分かりにくいですね。

 

今回はその
実態を追いつつ
真相を分析します!

こんな方にオススメ!
SMAP解散騒動が気になる方

SMAP解散の真相が気になる方



広告


ゴチャゴチャしているSMAP解散問題

ニュースを見るたびに、
SMAP解散問題は
真相がいなくなっていく
気がしませんか?

 

そこらへんの昼ドラより
ドロドロしていて、
グチャグチャで、
全貌も見えません。

 

そこで、
簡単におさらい
していきましょう…

 

今までの動き

元は、
事務所内の派閥争いが
原因だと言われています。

 

これは主に、
メリー喜多川さんと
SMAPのマネージャー
飯島三智さんとの
バトルでした。

 

SMAPのメンバーは
その派閥争いに
巻き込まれてしまい
どちらかの派閥に入る事を
余儀なくされます。

 

この時、
木村拓哉さんは
メリー喜多川さんに、
残り4人は飯島さんに
別れてしまいます。

 

元々、
仲の良くなかった5人。

 

特に、
木村拓哉さんは
浮いた存在らしく、
これが亀裂の決定的
要因になりました。

 

加えて、
元々木村拓哉さんも
飯島さん側でしたが
ドタキャンする形で
メリー喜多川さん側に
移行しました。

 

この行為も、
メンバーを苛立たせた
といわれています。

 

こうして、
禍根の残る形で
半ば無理矢理謝罪。

 

SMAPの体裁を
無理にでも保ち、
存続させるはずでしたが…

 

この間の解散騒動…

 

この時は、
逆に4人が解散を直訴し、
木村拓哉さんの意向を
無視した形になりました。

 

そして今、
この解散騒動に、
どう決着がつくのか
真相は何なのか
注目されています。

広告


SMAPの解散の最新の情報にはいくつかのパターンがある?

その真相なのですが…

 

様々な
雑誌・新聞などで
情報が出ています。

 

掘り下げると、
情報同士が矛盾するなど
もはや我々は置いてけぼり…

 

加えて、
メリー喜多川さんは
マスコミを封殺して
情報操作できるほどの
権力があると言います。

 

なので、
何者かが
事実と反したことを
発言する事は
容易に考えられます。

 

そこで、
情報を分析する事で
真相に近づいてみましょう。

 

パターン1:木村が全部悪い

良く見かけるのは
このパターンですね。

 

木村拓哉さんが
悪の元凶と言うもの。

 

確かに、
1度目のSMAP解散で
メンバーとは異なる
動きをしましたね。

 

確かにこの行為は
残りの4人と飯島さん側
から見たら裏切りです。

 

そう考えると、
木村が悪者パターンは
  • 残りの4人のファン
  • 飯島さんブレーン
  • 木村拓哉さんを良く思わない人
といった人たちが
仕組んだ可能性が
高そうですね…。

 

パターン2:香取慎吾ら4人が悪い

逆にこのパターンも
ありますよね。

 

木村拓哉さんの行為に
報復したのが今回の騒動だ

…と言う見方が
主かと思うのですが…

 

この情報の場合は
  • 木村拓哉さんのファン
  • メリー喜多川さんサイド
  • 4人を良く思わない人
この人たちが
得しそうな情報です。

 

パターン3:メリー喜多川黒幕説

あまり語られませんが、
全ての黒幕をこの人と
考える説です。

 

SMAPの解散騒動は
メリー喜多川さんに
仕組まれた物という考え。

 

現在はネットが
普及していることも考え、
「消す」のではなく
「嘘」をまき散らして
攪乱させているというもの。

 

そして、
裏では着実に
メリー喜多川さんの
思惑通りに事が運んでいる
という事らしいのですが…

 

メリー喜多川さんの
目的がわからない以上
何とも言えないですよね。

 

SMAPを終わらせる事なのか
木村拓哉さんを守る事なのか…

 

ですが、
この場合注意すべきは
メリー喜多川さんは
情報統制できるという
強みがある点ですかね。

広告


まとめると…

今回の騒動は
様々な思惑の人が
様々な情報を出しています。

 

ですが、
情報同士がが矛盾する以上…

 

これ等の情報は常に、
ファンや工作員など
得する人」がいるはず
と考えて見るのがいいでしょう。

 

嘘を見抜く鉄則ですね!

 

そう考えると、
メリー喜多川さんが
情報統制できるため
打つ手なしになるので
一番怪しいですが 笑

 

ファンの擁護発言かは
簡単に見抜けそうですよね。

 

Click! オススメ関連記事
この人にも被害。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA