生前退位:8月8日のお言葉から問題点や御意思を考える

―国民を深く考えられたお言葉

 

平成28年2016年
8月8日…

 

天皇陛下からお言葉が
ありましたね…

 

オリンピック以上に
注目されました…

 

今回はそのお言葉と
安倍総理の会見から
その問題点等を考えてみましょう…

こんな方にオススメ!
生前退位が気になる方

8月8日の天皇陛下のお言葉が気になる方



広告


国民が耳を傾けた11分間…

初報、
NHKから
生前退位の意向が
伝えられたとき…

大きな波紋を
呼びましたね。

 

これで、

平成が終わるとか

次期天皇陛下は
どうするのか?とか

かなり話題になりました。

 

また一方で、
NHKとは食い違う
宮内庁関係の発言が
出てくるなどして
混乱しましたね。

 

ですが、
今回のお言葉で
生前退位の御意向は
あるようですね。

広告


お言葉の中の御意思とは…?

皆さんご存知の通り
天皇陛下は国民の象徴。

 

政治的な行為には
強い制限がかかっています。

 

なので、
天皇陛下御自身の御意向を
直接明言できません。

 

そのため、
今回のお言葉が
分かりにくかった
と思う方もいるかも
しれませんね…。

 

ですがそれは、
政治介入にならないように
配慮した結果である
と言う事なんですね。

 



 

しかし、
それを良い事に
一部マスコミや
特定団体などが
都合のいい解釈を始め
流布しているようです。

 

個人的には
あのお言葉が
「強い生前退位への意志」
とは思えないのですが…

 

私の解釈では、
我々国民の事を考え、
混乱を招かないような
幕引きを考えていく
努力をする感じですね。

 

しかし、
残された時間は
そう長くないことから
政府に諸問題の解決を
促したのではないでしょうか?

 

又、
それに付随して
摂政を置くことにも
触れましたね。

 

しかし、
それは自身の意に
そぐわないことを
やんわりとおっしゃった。

 

…と
このように
受け止められました。

 

決して、
「強く生前退位をしたい」
と述べているわけでは
無いと思われます。

 

恐らく、
突然の崩御によって
後継者の問題等で
世の中が混乱する事を
最も案じておられるのでは
ないでしょうか?

 

スムーズな
新時代の幕開け。

 

それが最大の問題でしょう。

 

広告


昭和天皇の崩御の時に混乱はあった?

30年近く経ち、
この時何があったのか
注目されなくなりました。

 

しかし、
調べてみると、
混乱があった事が
うかがえます。

(凄い騒ぎは無いですが。)

 

先ず、
この時の自粛ムードは
東日本大震災に匹敵する
(或いはそれ以上)
でしょう…

 

この時、
TV・ラジオCMは
一切流さず
特番が流れます。

 

きらびやかな音楽や
派手な演出等は
一切禁止だったそうです。

 

ずっとクラシックが
流れていたそうですね。

兎に角、
日本中が静かになった
そうです。

 

しかし、
実生活レベルの話では、
昭和の年号を偲び
昭和最後の消印を求め
郵便局が人の群れで
溢れ返ったそうです。

 

又、
(不謹慎だが)
暇すぎるために
レンタルビデオが
売れに売れたとのこと。

 

前々から
健康の不安は
噂されていたので
昭和→平成の移行は
意外とスムーズだった
そうですが…

 

それでも
昭和64年は
不思議な雰囲気に
包まれた年でした。

 



 

それを間近で
感じていらっしゃった
今上天皇は、

平成から新しい時代へ
切り替わる時に
様々な混乱を
起こしたくない

ということでしょう。

 

むしろ、
平成→新年号
の時の方が、
騒ぎになりそうで
なりませんね。

 

ここ数年、
不安なニュースが
流れていますから…。

 

安倍総理や
その時の総理が
どこまでしっかりして
いるかも気になりますが…

Click! オススメ関連記事
生前退位報道と噂とは…?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA