PCモニターのおすすめは?ゲーム用は4K?フルHD?画質は?

―結局何がいいの?

 

テレビにあまり
魅力が感じられない!

 

そう考えて
ゲーム等の映像出力用に
PCモニターが選ばれています。

 

ですが、
PCモニターを選ぶ際、
折角なら綺麗な方が
いいですよね…

 

しかし、
お財布との相談も
必要ですよね…

 

そこで今回は
そんなゲーム出力用の
PCモニターの画質について
紹介したいと思います!

 

注:主に据え置きゲームを
PCモニターに繋げることを
想定しております。

こんな方にオススメ!
PCモニターをゲームの出力用にしたい方

ゲーム用PCモニターの選び方に困っている方



広告


PCモニターでゲームをするなら画質もこだわりたい!

次世代機が出るたびに
映像がきれいになって
毎度驚かされますよね。

 

十数年前の
カクカクなものでも
感動していた時代が
あると思うと…

 

技術の進歩の凄さに
驚かされますね。

 

そんな映像の世界に
浸るためにも…

 

良いPCモニターが欲しい!

 

そう思うのは
必然ですね!

 

折角、
ゲームをやるのであれば
綺麗な方が良いと思います。

 

そもそも画質とは?

スマホなどもそうですが…

昨今は4Kなんてのが
流行っておりますね。

 

ですが…
実際のところ
綺麗なのか綺麗じゃないのか…

 

というかそれは
単なる主観じゃ…

 

…と
何とも言えない感じ
ですよね 笑

 

実際誰かが

この映像画質良い!

というので
良くわからないけど…

ホントだ!綺麗だね!

と言ってるだけだったり 笑

 

実際のところ、
画質とはどいうもの
なのでしょうか?

 



 

画質と言うのは
  • 解像度(映像のドットの密度・微細さ)
  • 諧調(グラデーションの滑らかさ)
  • コントラスト(色の違いの明確さ)
  • ダイナミックレンジ(表示可能な色の幅)
  • 偏り(表示できる色の得手不得手)
  • 滲み(色の滲みなど)
  • ノイズ(処理の関係などで出るちらつき)
  • ドットピッチ(ドット間の幅)
  • etc…
 

というような
様々な要素で成り立って
いるのです。

 

解像度が有名ですが
映像を見た時の印象には
それ以外の要素も
関わっているのです。

 

もちろん、
これらの要素に加え
あなたの主観が入ります。

 

正直な話、
あなたが綺麗と思えば綺麗
汚いと思えば汚いなのです 笑

ですが一応、
代表的なところを
見ていきましょう…

 

解像度とは?

ザックリ説明すると
画面を構成する点の数
ですね。

 

点が多ければ多いほど
細かく滑らかな映像を
映すことができます。

 

逆に解像度が低いと
画面が荒く、ギザギザに
見えてしまいます。

 

この解像度をあらわす際
表示方法にぶれがあるので
気を付けなくてはいけません。

 

我々が良く目にするのは
フルHDや4Kといった
表示ですよね。

 

フルHDは1920×1080
4Kは3840×2160
の点の集まりで出来ています。

 

最近のゲームだと
フルHDは少なくとも
欲しいですね。

 

ドットピッチとは?

ドットピッチとは
点と点の間の距離を
指す言葉です。

 

高密度であればあるほど
綺麗な映像になりますので
このドットピッチは
小さい方が良いのです。

 

PCモニターの一般的な値は
0.26~0.28mmです。

 

コントラストとは?

一般的にも
良く使われる言葉ですね。

 

PCモニターにおいては
コントラストは

画像・画面の明るい色(白)と
暗い色(黒)の比率を言います。

 

黒を1とした時の白の比を

1000:1

の様に表します。

 

どれだけ画像を
メリハリつけて映せるかの
指標になります。

 

1000:1あれば
十分だと思われます。

 

ですが当然、
バックライトを付ければ
コントラストは
大きく変わります。

 

そういった状況下の
コントラスト比は

(最大)といった表記で
注釈がなされます。

広告


最も注意したい解像度の話

先ほど、
重要そうなところを
幾つか説明しましたが…

 

一番気を付けるところは
解像度でしょう…。

 

ですが、
この解像度の話は
ちょっとややこしいのです。

 

PCモニターに限らず、
テレビ・ゲーム・カメラ、
プリンター等々…

 

解像度については
様々な機器の仕様で
欠かせないポイント
ですよね。

 

先ほど、
簡単に説明するため
点の数の多さ
と言いましたが…

 

もう少し突っ込んで
お話しましょう…

 

先ず「点」について

先ず、
先ほどからでている
点について…

 

印刷物や画面を
至近距離で見ると
点の集合である事に
気付くかと思います。

 

画像や映像の綺麗さは
この点の多さや細かさが
一つの鍵なのですが…

 

この点の事を
ドットやピクセル、画素
といいます。

 




ドットは点の事。

ピクセルは
色の情報を持った点の事。

画素はピクセルと同義。




 

…というような
若干の違いがあります。

 

そして、
ある面積に対し
そのドットの細かさを
あらわしたものを

モニターやプリンターの
能力の一つとしています。

 

その単位の一つに

dpi(ドットパーインチ)

と言う単位が
使われます。

 

1インチあたりのドットの数
という意味です。

 

1インチは2.54cm。

 

300dpiといったら
300個のドットで
1インチを構成できる
という事を言います。

 

この表示は主に、
プリンターの性能に
使われます。

 

本来、
「解像度」という場合は
このdpiを指します。

 

しかし、
PCモニターにも
ゲーム機にも
解像度はありますね。

 

実は、
PCモニター等で言われる
「解像度」は別の意味
なのです。

 

正確には
画面解像度
と言います。

 

画面解像度とは?

先ほど話した解像度。

 

テレビやPCモニター等
画面絡みの場合は

別途、
画面解像度を指します。

 

良く見かける
SD画質、フルHD画質、
4K画質、5K画質…

このような表示で
あらわされる解像度は
画面解像度をさします。

 

画面解像度は
ディスプレイに対する
総画素数であらわされます。

 

なので、

横(px)×縦(px)

で表記されます。

 

フルHDや4Kは
その画面解像度の通称。

 

先に述べた

フルHDは1920×1080
4Kは3840×2160

はこの文脈で
使われています。

 

技術革新や性能向上が
進むにつれてこの数字も
大きくなります。

 

今現在の主流は
フルHD~4Kですね。

 

2016年現在、
モノによっては
5K~8Kも出てますが
一般的ではないですね。

 

PCモニターでゲームするならゲーム機も重要な要素

ゲーム等の機器を通した際は
そのゲームの性能にも
依存しますね。

 

そこでも
良く取り上げられるのが
画面解像度です。

 

ゲーム機における解像度とは、

ある機器がディスプレイに
表示できる映像の緻密さを
あらわしたものです。

 

なので、
同じディスプレイであっても
機器が違えば画質も変わる
わけですね。

 

つまり、
例えPCモニターが高性能でも…
  • ゲーム機の性能
  • ソフト自体の作りこみ
  • ケーブル
といったものによって
画質は制約されます。

 

ですが一方で、
ゲーム機に対して
PCモニターが低性能の場合…

低性能な方に
依存してしまいます。

 

つまり、
PCモニターも
画質に関わりますが…

 

ゲーム側の事情もあって、
ハードの紹介に出ている
スペックの解像度に対し

遊ぶ際の解像度は
低い場合があったりする…。

 

…という事が言えます。

 

ここら辺は
こだわり始めると
キリが無い領域ですが…

 

一応、
出力するときには
ゲーム機内などで
引き伸ばされて出力されます。

 

なので、
仕様にある出力に
対応したモニターならば
遊ぶ分には大丈夫です。

 

ですが画質は
ゲーム機やソフトにも
影響されることを
覚えておいてください。

 

広告


結局、解像度はどう選ぶ?

結局のところ、
解像度については…

 

ゲーム機からの出力を
想定してPCモニターを
買うのであれば…

 

少なくとも
ゲーム機側から
求められる解像度
PCモニターには必要です。

 

例えば、
ゲーム機側が4K画質を
出力できるのであれば、
PCモニターも4K画質対応
であるべきです。

 

ゲーム機が4K画質で
出力しても…

PCモニターの限界が
フルHD画質の場合…

フルHD画質で出力されます。

 

逆に、
SD画質のゲーム機を
4Kモニターで出力した場合…

 

引き伸ばされて表示され
変な映像になったりもします。

 

つまり、
ゲーム機が出力する画質と
PCモニターの画質は
合わせるのがベストです。

 

モニター側やゲーム機側で
ある程度低画質の方に
合わせることもできます…

 

したがって、
やりたいゲームにも
よるのですが…

 

先々の事を考えたとしても…

こだわりが強くなければ…

フルHD~4K

で十分では
ないでしょうか?

 

このあたりは
お財布と相談ですかね。

 

Click! オススメ関連記事
PCモニターとゲーム機をつなげて遊ぶ事を徹底解説しました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA