桃田賢斗の性格と桃田後援会が謎…韓国とズブズブとの噂も

―会見中の半笑い…

 

田児賢一選手桃田賢斗選手
闇カジノ問題について
会見が開かれましたね。

 

会見を通して、
田児賢一選手
必死に謝罪している横で
桃田賢斗選手半笑いしている
ように見えていました。

 

そこで世間では
まだ何か隠しているとか
絶対に反省していない
と思われているようです。

 

実際、
桃田後援会という謎組織が
寛大な措置を求める嘆願書
提出しているそうで…

こんな方にオススメ!
桃田賢斗選手の実態が気になる方

桃田後援会について気になる方



広告


桃田賢斗選手は反省していない…?

会見を通して半笑いのように
見えていた桃田賢斗選手

 

受け答えも幼く、
教師に怒られて
その場しのぎの言葉を取り繕う
子供のようでした。

 

そんな姿をみて、
こんな人間が
オリンピックに行けて
金メダルを取ったとしても
嬉しくないと思われています。

 

せめて許したとしても
東京オリンピックまでは
出せないのではないでしょうか?

 

スノーボードの國母選手と
似た空気が滲み出ていますよね。

広告


桃田後援会が怪しいのは気のせいか?

さて、
その会見の中でも
ちょこっと出てきた
後援会の存在も話題です。

 

なんと、
その桃田後援会という
組織がお目こぼしを求める
嘆願書を提出したというのです。

 

しかし、
桃田賢斗選手の態度もあってか
火に油を注ぐような形
なっていますね。

 

内容は、
桃田賢斗選手幼さゆえの過ち
闇カジノでの一件を認めたうえで
それでも未来があるから許してほしい
というものなのですが…

 

小中学生ならまだしも
21ですよ?

 

精神的に幼いので
犯罪も許されるべき
と言う意見がまかり通れば
この後もそんな主張を
してくる輩が増えますよ?

 

これは、
温情なんかが効くような
問題ではないという事を
桃田賢斗選手にも
桃田後援会にも
突き付けるべきだと思います。

 



 

さて、
こんな事態になって、
あんなタイミングで
謎の嘆願書を提出するという
桃田後援会という組織は
どんなものなのでしょうか?

 

調べてみたところ、
桃田賢斗選手の故郷
香川県の有志が集まって
立ち上げた後援会みたいです。

 

正式名称は
桃田賢斗後援会

 

会長は横山忠始さんという
香川県三豊市の市長を務める
政治家だそうです。

 

桃田賢斗と香川県と韓国と…?

その香川県
韓国とズブズブである事は
よく語られることなのですが、
その韓国香川県との間の
ネットワークを繋げているのが
横山忠始市長だと疑われています。

 

今や、
韓国と聞くと忌避感
感じるようになっていますが
それでもなお行政主導で
ごり押ししているという事で
一部でその関係性が
疑われているみたいです。

 

そのため、
その横山忠始市長会長
桃田後援会という組織も
その息がかかっているのでは
という事で、
桃田賢斗選手自身も
その手の人間と疑われている
というのです…。

 

実際、
桃田賢斗選手を検索エンジンで
調べてみると「韓国」のワードが
引っかかってくるんですよね…

 

まぁ、確かに…
恩赦・特赦を連想させる
今回の嘆願書…。

 

ですが、
確実に裏が取れている
わけではないみたいです。

 

あくまで噂。

 

しかし、
今回の事件~会見~嘆願書
という流れは異常ですよね。

 

怪しまれるのも
当然の行動ではありますね。

 

※この方の引退も話題。
…色々衝撃的でしたね

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA