三浦雄一郎~現在でも三浦雄一郎の父の背は憧れ~

ご高齢ながら精力的に活動されている三浦雄一郎さん

 

登山家・スキーヤーとして非常に有名ですね。

 

そんな三浦雄一郎さんの健康法は気になりますよね!

今回はその健康法について調べてまいりました!

 

又どうやら、

そこには三浦雄一郎さんのお父さんが関係しているようです…。



広告


略歴

有名とはいえ、先ずはいつも通り略歴を確認していきましょう。

 

三浦雄一郎(みうら・ゆういちろう)

プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長

役職:㈱ミウラ・ドルフィンズ 代表取締役、㈱三浦雄一郎事務所 代表取締役
クラーク記念国際高等学校校長、(社)全国森林レクリエーション協会会長、
NPO法人グローバル・スポーツアライアンス理事長、
元運輸省策道規則等検討会委員、元総理府青少年問題審議会委員、他

生年月日:1932年10月12日
青森市に生まれる。1964年イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて 参加、時速172.084キロの当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降。1970年エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画 [THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST] はアカデミー賞を受賞。1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年次男(豪太)とともにエベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7ヶ月)樹立。2008年、75歳2度目、2013年80歳にて3度目のエベレスト登頂〔世界最高年齢登頂記録更新〕を果たす。
記録映画、写真集、著書多数。

 

三浦敬三(みうら・けいぞう)
1904年(明治37年)2月15日青森市に生まれる。北大スキー部を経て、青森営林局「青森林友スキー部」ジャンプ選手、マネージャー、監督、部長を歴任。特に八甲田の山スキー開拓者として知られ、その人生を一貫して雪に捧げてきた。また、(財)全日本スキー連盟の技術委員を務め、スキー教程の編纂にも携わるなど、わが国スキー界草分けの一人である。さらに、スキー製作についても深く関わり、製作技術および、それに伴う性能とチューンナップ技術の研究により、それら技術の発展に大きく寄与してきた。亡くなる101歳まで現役のスキーヤーそしてスキー山岳写真家として、1年の約半分を国内外のスキー場で過ごしていた。(享年101歳325日)世界七大陸最高峰からのスキー滑降を達成した冒険スキーヤー、三浦雄一郎の父であり、オリンピック2度出場した三浦豪太の祖父。

 

(引用元:MIURA DOLPHINS HPより URL:http://www.snowdolphins.com/family.html)

 

最後の方の、エベレスト世界最高年齢登頂記録樹立のニュース。

これは記憶に残ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

又、登山と同時にスキー滑降もしているのですから驚きですよね!

普通、怖くてできませんよ 笑

 

そんな、三浦雄一郎さんのお父さんもすごい方ですね。

日本スキーの歴史の一翼を担った方だったんですね!

 

更に、101歳とご長寿だったのですね~汗

しかもその間もスキーをしていたのですから親子2代でパワフルですね!

 

父は憧れであり壁

こんな偉大なお父さんと似たような事をしているわけですから、

三浦雄一郎さんの負けたくないという気持ちは分かりますね。

 

しかも、エベレストを登山するまでに多くの壁があったとのことです。

 

…体の老化

 

これがエベレストに上る前の三浦雄一郎さんの最大の壁でした。

 

しかし、三浦雄一郎さんのお父さんは、白寿でモンブランをスキー滑走し、

精力的に執筆活動もしていました。

 

そんな姿を間近で見て、更に越えなくてはいけない壁を認識したと言います。

 

恐らく、三浦雄一郎さんにとって、

亡きお父さんは憧れであり、

最終的には越えなくてはいけない壁なのでしょう。

 

老いに負けないその姿や生き様は良く似ているように思えます!

 

広告


そのための健康

――老いに負けないため。

――お父さんを追い越すため。

 

そのための基礎は健康だと三浦雄一郎さんは語ります。

 

不健康体だった三浦雄一郎さんは若さを取り戻すために様々な事をしました。

ここではその一部をご紹介します。

 

ヘビーウォーキング

足首にアンクル(スポーツ用品店などで売られている重り)をつけ、

重くしたリュックを背負い歩く。

慣れてきたら徐々に負荷をかけていく。

というものらしいです。

ちょっと工夫すれば生活に取り入れられそうなレベルですね!

 

規則正しい生活

私にとっては耳が痛い…汗

しかし、生活習慣病につながりかねないことも考えると、

自分の生活リズムを維持する事が健康への第一歩ですよね。

先ず、夜更かし癖をなんとかしないと…笑

 

※食習慣も大事なポイント!外食だって工夫できます!

=>アス食とは?どこに行けばあるの?気になる話題を徹底調査

・・・今話題なんですよ!

 

数値化できる目標を持つ

これは、何でもいいそうです。

三浦雄一郎さんの場合はたまたまこれがエベレストだったのです。

(規模が違いすぎますが 笑)

 

夢と「やりたい」という気持ち

これがあったからこそ頑張れたと言います。

又、三浦雄一郎さんのお話では、

「やりたい」という気持ちや夢を持てたらいつでもチャレンジできると言います。

 

中高年の星である三浦雄一郎さんは、

この意思の力で老いをはねのけ続けているのですね!

 

まとめ

如何だったでしょうか?

 

三浦雄一郎さん三浦雄一郎さんのお父さん

お互いに強い意志でエネルギッシュに雪山を駆け回った方でした!

 

その原動力はやっぱり健康。

人一倍健康に気を使っていましたね。

 

個人的には意思の力も大きい役割を果たしている気がしますね!

 

老いを感じないこんなパワフルな方も紹介しました!合わせてドウゾ!

=>篠田桃紅~水墨画作品と向き合う、病気もまた些細な事~

・・・生き方が参考になるかも?

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA