オリンピック:日本のメダルラッシュ!過去大会の数と比較

―凄いぞ日本!

 

リオオリンピック
始まってから数日…

 

柔道・水泳・体操で
好調な出だしとなった日本。

 

メダルラッシュという事で
かなり注目されていますね!

 

そこで今回は、
途中経過を振り返りつつ
過去の大会のメダル数と
比較していきましょう!

こんな方にオススメ!
日本のリオオリンピックでのメダルラッシュが気になる方

過去のオリンピックでのメダル数との比較が気になる方

リオオリンピックが気になる方



広告


好調な滑り出しを見せた日本!

まだ、
終わっていない
にも関わらず…

 

数々のドラマが
生まれている
リオオリンピック。

 

眠い目をこすって
観戦されている方…

録画しまくっている方…

様々いるかと思います。

 

今日も、
内村航平選手が
圧倒的な演技力を見せ
個人総合を制しました。

 

その他にも、
柔道界の復活や
競泳・カヌーの躍進…

 

語りつくすと
長くなりそうですね 笑

 

そんなメダルラッシュ
続いている日本。

 

一体、
今まででいくつ
獲得したのでしょうか?

広告


8月20日現在のメダルの数(更新)

8月20日12時現在で、

金:12個

銀:8個

銅:21個

といった結果です。

 

これは、
国別メダルランキングでは

1位:アメリカ
金:38・銀:35・銅:32

2位:イギリス
金:24・銀:22・銅:14

3位:中国
金:22・銀:18・銅:25



6位:日本
金:12・銀:8・銅:21

…と
6位につける成績です。

※金>銀>銅で
換算しているので
純粋に枚数ではなく
価値を加味して
出しています。

 

今後も、
様々な競技での
メダル獲得の期待が
残っていますよ!

 

そんな
オリンピックの各競技も
楽しみたいですが…

 

最終的に
リオのメダル枚数は
過去の大会と比べ
どうだったのかも
気になりますよね。

 

そこで、
過去の大会とも
比較してみましょう…

広告


過去の日本のメダル枚数を比較!

過去の大会ですと…

1位:リオ(2016)
金:12・銀:8・銅:21


2位:アテネ(2004)
金:16・銀:9・銅:12

3位:東京(1964)
金:16・銀:5・銅:8

 

…となっております。

※金>銀>銅で
換算しているので
純粋に枚数ではなく
価値を加味して
出しています。

 

因みに、
純粋に枚数でも、

1位:リオ(2016)ー41枚
2位:ロンドン(2012)ー38枚
3位:アテネ(2004)‐37枚

歴史を塗り替えました!

 

競技数などの
兼ね合いもありますが、
歴代オリンピックでは
量・質共にトップです!

 

…といったところです。

 

ですが、
まだ終わってはいません!

 

その他の競技でも
獲得のチャンスは
残っています。

 

最後の最後のまで、
日本のメダルラッシュは
止まらないでしょう!

 

引き続き、
我らが日本選手団から
目が離せませんね!

Click! オススメ関連記事
よく解説してくれるこの方の偉業とは…!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA