舛添会見の反応と態度急変も辞任しない理由とは…

―酷い会見でしたね…

 

壊れたように、
「第三者」「回答できない」
こんなその場しのぎ発言です。

 

それでも、
辞任する意向が無い…

 

この一見、
不毛に見える舛添会見からも
色々なことが見えてきます…

こんな方にオススメ!
舛添会見の反応が気になる方

舛添要一さんの進退が気になる方



広告


謝罪(舛添スタイル)の反応…

今回の舛添会見
前回の全国民見下し会見から一変、
90度のお辞儀を見せつける
「パフォーマンス」で
私たちを驚かせました。

 

しかし、
その内容はあまりにも不毛で、
国民の怒りは収まっていない
みたいですね。

 

主な反応としては、
じゃあとっとと辞めろよ!
なんですね。

 

しかし、
頑なに都知事の座を譲らない
舛添要一さん

 

その煮え切らない感じに
皆さん、腹を立てています。

 



 

又、
もう一つ言われている事は、
舛添会見での謎の発言ですね。

 

第三者(舛添任命の弁護士)

 

舛添要一さんの中では、
この「自分が任命した弁護士」を
第三者」と呼ぶらしいですね 笑

 

この第三者という
またしてもクリーンっぽい発言
逃げ切ろうという策が見え見えです。

 

私は国民は
舛添要一さんの思っているほど
愚かではないと思います。

 

少なくとも日本では、
当人の息がかかった人物を
第三者とは呼びません

 

こういった、
最後の最後まで
自己の利益を考える姿勢を
国民は看破しているので
批判の反応一色なんですね。

広告


態度一変の裏に…

しかし、
今回は前回とは
180度態度が変わっていて
気持ち悪いレベルでしたね。

 

実はその軟化には
いくつか理由があるみたいです。

 

自民公明がついにキレた

元々、
やむなく担ぎ上げてあげた
舛添要一さん

 

もっといい候補がいれば
こんな実態が怪しい人間
都知事候補に据えませんでした。

 

しかし、
あの当時の限られた候補の中では
仕方のない決断でした。

 

又、
舛添要一さん
裏の顔を知らない有権者は
過去の調子の良い事を言っていた
舛添要一さんに信頼を寄せました。

 

同時にマスコミも
韓国とのパイプがあるので
舛添要一さんをやたらと
持ち上げていました。

 

それらが相まって、
都知事選では都民が
ミスジャッジをしたのです。

 

しかし、
真の舛添要一さんを知る人物は
首長になれば調子に乗るのを
知ってました…。

 

そして案の定、
やりたい放題やられました。

 

これに
ついにブチ切れた自民公明は
やはりコイツは
首輪が無いと使えない男」と見限り、
圧をかけるに至ったそうです。

 

圧をかけるだけだった理由

一方で自民公明は
実際に都知事選になってしまうと
今度はロクな候補者がいないのです。

 

自民公明だって
できればこんな都知事を
長居させたくはありません。

 

しかし、
かわりに立てる都知事候補
まだ見つかっていない。

 

そのため、
ダメ犬に首輪をつけて
一応門番をさせている…。

といった感じの急ごしらえ。

 

一時期、
橋本徹さん
白羽の矢が立っていたのは
都知事候補を探していた為です。

 

しかし、
良い答えではなかった
という事でしょうか。

止むを得ずこうしている
といった感じですね。

 

こうしている間にも、
自民公明のイメージが
下がってしまうので、
早急に次の手
打つ必要があるのでしょう。

 

舛添要一さんの最後のあがき

そしてそして、
この状況はまだ
舛添要一さん
首の皮一枚で生きている
といった状況です。

 

と言うのも、
舛添要一さんは都知事としての
ボーナスを最後にかっさらってから
辞める腹積もりだからだそうです。

 

6月1日辞任説はそのボーナスを
貰えるタイミングと符合している
と指摘されています。

 

…実に汚い男ですね。

 

おそらく、
今回の舛添会見
延命のための世論のガス抜き
目的だったハズです。

 

しかし、
有志の告発によって
特捜部国税局マスコミ
真実追求が始まります。

 

これからの
舛添要一さん逃亡劇
ある意味見物です。

 

  Click! オススメ関連記事
その第三者が現れた!何奴!?

【特集】舛添騒動まとめへ

広告

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 香田隆正 より:

    ありがとうございます。良くわかりました。この人物がテレビのバラエティー番組に出てるときから性格の悪さ、見識の無さは露呈されていたと思いますが、都知事に当選させてしまった責任は私を含む東京都民に責任の一端はあると思います。前々の都知事はまともに登庁してなかったり、前都知事は疑惑を追及され実際に冷や汗タラタラ流したりとまともな為政者がおりませんでした。 これでいくと次回はもっと悪いのが当選する可能性もあります。懲りないのに徹底しているのが現日本人の姿で、悲しい現実です。 官僚日本はもう良くはならないと思います。

    1. take-must より:

      こちらこそ、コメントありがとうございます!
      確かに政治屋が東京都に居座っている事はゆゆしき事態ですよね…
      私たちにできることは、
      舛添さんの様な自分のために国も国民も都民も売るような
      政治屋さんの台頭を阻止するのみですからね。
      真に志ある政治家に一票を投じてみたいものですね。

コメントを残す

*

CAPTCHA