マークロンソンプレゼンツ”Uptown Funk”のアルバムに注目

―”Uptown Funk”

 

頭にこびりついて離れない
強烈な曲となっています 笑

 

6ヶ月の時間を費やした
2014年のマークロンソン
の力作”UpTown Funk”
驚きと感動を持って
迎えられました。

 

そんな、
リピート再生したくなる
”Uptown Funk”が収録された
アルバムが注目されている
そうですね。

 

どんな感じなのか
気になって
調べてみました!



広告


マークロンソンとは?

マークロンソン
(Mark Ronson)は、
1975年9月4日生まれ。

 

イギリス出身のDJ兼
シンガーソングライター兼
音楽プロデューサーです。

 

裕福な家庭に育ち、
親戚には元イギリス外務大臣と
元内務大臣がいるほど。

 

ヴァッサー大学と
ニューヨーク大学を卒業した後、
DJとして活躍しました。

広告


来歴

マークロンソンでの活躍は
主に2003年から。

 

デビューアルバム
”Here Comes the Fuzz”
をリリース。

 

しかし、
売り上げは芳しくなく、
しょっぱい結果
なってしまいました。

 

ですが2007年、
続くセカンドアルバム、
”Version”
イギリスのチャートで最高2位
に輝き頭角を現します。

 

因みに、
このアルバムは半分、
カバーアルバムなのですが、
前作のヒップホップに
傾倒していたマークロンソン
とは思えない変化
リスナーは驚きました!

 

そして、
2010年にサードアルバム
” Record Collection”
をリリース。

 

コチラでは、
80年代のサウンド
中心に作っています。

 

その中の
”Bang Bang Bang”
際たるものなのですが…

=>Mark Ronson, The Business Intl. – Bang Bang Bang

どちらかというと
PVの方が強烈
ジワジワきました…笑

 

色んな意味で、
エキサイトです 笑

 

音楽は、
シンセサイザーベース
テクノですね。

 

好き嫌いが
はっきり分かれそうな
音楽ではありますが。

 

PVの背景ももしかしたら、
”Japan as No.1”の時代、
80年代をトリビュート
したものではないか
と思いました。

 

このように、
幅広い音楽のジャンル
手掛けることができる
マークロンソン

 

更に、
デビュー当初から
成長し続けている感じ
がしますね!

 

※こちらも注目の話題です!
=>ディアンジェロが2016年神奈川・大阪で来日ライブ!
・・・約15年ぶりだそうですね!

 

最新アルバム”Uptown Special”

そして、
2015年1月13日に発売した
マークロンソンの新アルバムが
この”Uptown Special”です。

 

4thアルバムになるこの
アルバムは、
先行している
”Uptown Funk”を入れた
渾身のパーティーアルバムです!

 

欧米でチャート上位をとり、
母国イギリスでは1位
記録しています!

 

今回のアルバムでは、
ソウルミュージックを
マークロンソンテイスト
ソウルフルに仕上げています!

 

シングルにも入っているのですが、
中でも私のお気に入りは
”Feel Right”ですね。

=>Mark Ronson – Feel Right ft. Mystikal

 

ファンクサウンドに
絶妙なシャウト!

 

グッとくるポイント
的確についてきますね!

 

マークロンソン
ソウル・ファンクもこなせる!

 

スゴイ才能です!

 

※フィーチャリングした
ブルーノマーズの話題もあります!
=>ブルーノマーズの人気曲”marry you”のアルバムを紹介!
・・・結婚式ソングとして人気!そのワケは…?

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA