ルーカス・グラハム:7yearsやおすすめアルバム、経歴に注目!

―期待のグループが登場

新世代を
築くかもしれない
期待のホープが
北欧から登場!

 

その名も
ルーカスグラハム

 

突如現れ
注目を浴びた彼らは…

日本でも
注目されること必至です。

 

そこで今回は
そのルーカスグラハム
紹介したいとおもいます!

こんな方にオススメ!
ルーカスグラハムが気になる方



広告


ルーカスグラハムとは?

ルーカスグラハムは
デンマーク出身の
ソウルポップバンド。
  • Lukas Forchhammer-リードボーカル
  • Mark Falgren-ドラム
  • Magnus Larsson-ベース
  • Morten Ristorp-キーボード
の四人組バンドです。

 

2011年結成。

 

手製のビデオを
アップロードしたところ、
多大な反響があり…

そこから徐々に
欧州全土へと
名が知れわたっていきます。

 

その後、
リリースされた

”7years”

”mama said”

で大ブレイクし
グラミー賞2017に
ノミネートされるまでの
成長をとげました!

 グラミー賞2017:ノミネート発表!候補者の顔ぶれを速報!

 

彼らのデビューから
現在の活躍にいたるまでの
道のりはまさに…

今どきのミュージシャン

だと思います。

 

というのも、
彼らは楽曲・レコード賞等に
王手をかけていますが…

 

普通、
グラミー賞に
輝くような人達は、

CDの売り上げなどで
一気にスターへの階段を
かけあがっていきます。

 

それが今までは
普通の事でしたよね…

 

しかし、
今回登場の
ルーカスグラハムは、

ストリーミング配信から

颯爽と現れてトップへ…

 

今までとは違う登場が
ちょっと新鮮なわけですね。

 

前回の
THE WEEKENDも
変わった登場の仕方
だったので…

 

時代の変化を
感じますよね。

ルーカスグラハムのおすすめ注目アルバム

新進気鋭のバンド故、
ルーカスグラハムが
リリースしたアルバムは
少ないですね…

 

2016年までの
アルバムとしての
ディスコグラフィーは
2本のみ。

 

しかし、
内容は濃いので
どちらも必見の
タイトルとなっています。

Lukas Graham (Blue Album)

先ず、
グラミー賞絡みで
最も話題であろうこちら。

 

ルーカスグラハムは
「ルーカスグラハム」
というタイトルで2本
リリースしています。

 

そして、
話題になっている

”7years”

 Lukas Graham – 7 Years(オフィシャルビデオ)

”mama said”

 Lukas Graham – Mama Said [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

といったタイトルは
こちらのアルバムに
収録されています。

 

2015年発売の
このアルバム、

 

収録の曲は
両方ともに必聴です。

 

Lukas Graham

コチラは、
更に前のアルバムの
ルーカスグラハムです。

 

2012年発売の
このファーストアルバムは、
先ほどのアルバムほど
注目されなかったものの…

 

”Drunk in the Morning”

 Lukas Graham – Drunk In The Morning [OFFICIAL AUDIO]

”Criminal Mind”

 Lukas Graham – Criminal Mind (Official)

この2曲を筆頭に
話題をかっさらい…

欧州で火を付ける
着火剤の役割を
果たしました!

 



 

両アルバムの違いは
一般的には…

ルーカスグラハム(一作目)

ルーカスグラハムブルーアルバム(二作目)

として区別されます。

 

理由は
アルバムジャケットの
色彩だとおもわれます。

 

なんだか
weezerみたいですね。

 

少し古めなサウンドと
ヒップホップの融合が
印象的な彼らの作品。

 

とりわけ、
“7years”の歌詞は
ルーカスの経験が
反映されています。

 

さてそんな
ルーカスグラハムについて
もう少し詳しくみてみましょう…

 

ルーカスグラハムと生い立ち

ルーカスグラハムは
デンマーク・コペンハーゲンの
ヒッピー自治区クリスチャニアで
生まれました。

 

メンバーは皆幼馴染です。

 

ただ、
この場所が少し特殊です。

 

この場所は、
少し特別な地区で、
ヒッピーによる実験的な
自治区なのです。

 

そこには
独自のしきたりがあり…
  • 車の乗り入れ禁止
  • 暴力行為禁止
  • 落書きOK
  • 大麻OK(それ以外はNG)
  • 犬を鎖でつなぐのは禁止
というようなものです。

 

いわば、
アナーキストの楽園
と言う状況で…

自然と音楽が
美しいのが特徴ですね。

 

毎年50万人が訪れる
観光スポットだそうです。

 

住民は主に、
ヒッピーや不法居住者。

 

自治区は存続していますが、
在り方については度々
論争になっていますね…。

 

そんな場所で、
生まれたルーカスは

 

アイルランドにルーツがあり、
アイリッシュフォークが
土台にあるのですが…

 

こうした
音楽を愛する人たちの
特殊な環境がある場所
育ったために…

こうした
独特な音楽スタイルが
身についたのでしょう…

 

そんな
独特な環境で育ってきた
ルーカスグラハム。

 

その切ない歌詞や
ソウルフルながら
どこかノスタルジーを
喚起する歌声は

 

心が揺さぶられる事
間違いなしです。

 

ぜひともそんな
エモーショナルな旋律を
聞いてほしいですね。

 

まとめ

心に響く
歌詞とサウンドは…

 

彼らにしか、
ルーカスにしか、
描けないものでしたね。

 

その
エモーショナルな詞は
邦楽の詞にも
繋がるところがありますね!

 

恐らく、
かなりウケはいいと
思います!

 

グラミー賞後の
日本での反響にも
注目したい期待のグループ
ですねー!


注目関連記事!
人気なこの人の音楽も注目!

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA