リトル・ビッグ・タウンの曲Girl Crushがノミネート

今年も残るところ
あとわずかになりました。

 

あんまり寒くならない
不思議な冬ですが…

 

さて、今回も、
グラミー賞ノミネートした
アーティストの話題をお送りします!



広告


リトル・ビッグ・タウンとは?

リトル・ビッグ・タウン
”Little Big Town”は1998年結成の
カントリーのボーカルグループです。

 

メンバーは、
  • カレン・フェアチャイルド
  • キンバリー・シュラプマン
  • ジミ・ウエストブルック
  • フィリップ・スウィート
の4人。

 

4人がそれぞれ別パートを歌い、
奏でられるハーモニー
リードラインが変わるスタイル
が最大の魅力です!

 

=>Little Big Town – Pontoon

 

リトル・ビッグ・タウン
1980年代から活動を開始。
(この時はこの名前ではない)

 

メンバーが変わりながらも
活動を続けていたそうです。

 

本格的にリトル・ビッグ・タウン
として活動を始めたのは1998年。

 

この時にいまの
”Little Big Town”という名前に。

 

2002年のCDリリースから
注目され始めました。

 

2012年の
アルバム”Tornado”
アメリカのチャート最高2位

 

今回話題の作品
”Girl Crush”
その次のアルバム、
”Pain Killer”の中の曲です。

 

その作品”Girl Crush”
最優秀楽曲賞にノミネート
されています!

 

又、
カントリーミュージック協会賞
(又はCMAアワード)という
カントリミュージック対象の賞で
最多受賞したことで注目されました!

 

因みに、
同時にクリス・ステープルトン
最多受賞しています!

 

※そのクリス・ステープルトンの
こんな特集もあります!
=>クリス・ステープルトンのアルバムTravellerがグラミーに
・・・王道カントリーが魅力!

 

広告


ノミネート作品”Girl Crush”

さて、ノミネートされた作品
に話題を移しましょう。

 

2014年10月21日リリースの
アルバム”Pain Killer”
アメリカのチャート7位を記録。

 

その中でも人気だったのが
今回紹介の”Girl Crush”

=>Little Big Town – Girl Crush

 

しっとりとした曲調が印象的
なこの曲。

 

それとは対照的な
この曲のメインボーカル、
カレン・フェアチャイルドの
骨のある声もいいですね。
ちょくちょく入る
他のボーカルパートとの
ハモリの完成度が高いですね!

 

この曲が
グラミー賞最優秀楽曲賞候補
という事で注目されています!

 

まとめ

2016年グラミー賞
最優秀楽曲賞にノミネートされた
リトル・ビッグ・タウン
”Girl Crush”

 

その曲は
しっとりしているものの、
カレン・フェアチャイルドの
しっかりしたボーカル
心地よいハーモニー
印象的な作品でしたね!

 

”Girl Crush”が最優秀楽曲賞に
輝くのか?見物ですね!

 

最優秀楽曲賞にノミネートされた
ケンドリック・ラマーも注目です!
=>ケンドリックラマーの人気曲やアルバム等の注目作品を紹介
・・・メッセージ性も話題ですね!

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA