小池百合子都知事の就任会見の内容は?初登庁で何を語った?

―都政改革始動

 

激戦となった都知事選を
勝ち抜いた小池都知事

 

8月2日、
初登庁をし、
就任会見に臨みました。

 

今回はその内容を
ザックリとお伝えします

こんな方にオススメ!
小池都知事が気になる方

就任会見が気になる方

会見内容が気になる方



広告


小池百合子都知事、都政改革を語る

まだ、
具体的なプランは
煮詰まってないとは
思いますが…

 

今回の就任会見で、
小池都知事は、
都政改革の大枠を
語られました。

 

その内容を
見てみましょう…

 

都庁内外の見直し・浄化

都の活動における
お金の使い道、
出資団体など…

都庁内外の
見直し・浄化を
図るそうです。

 

その上で、
必要な事業等であれば
存続や枠拡大。

 

不必要であれば
縮小・廃止などを
検討するそうです。

 

個別の事案については
まだ答えらえない
とのことですが…

 

恐らくこの中に、
朝鮮人学校白紙化の話
といったことが
出てくるのでしょう…

 

質疑応答で、
記者が質問しなかったため
明確な回答は不明ですが…

 

まぁ、
もしかしたら、
個別の案件として
退けられる可能性も
あるかもですが。


広告



情報公開調査チーム

又、
情報公開調査チームを設置し、
都政を見える化
していく様に
努めるそうです。

 

これは
選挙期間中も
お約束として
放っていた事ですね。

 

舛添都政の様な事は
無いように
お願いしたいですね。

 

オリンピック調査チーム

都政を巡る問題には
オリンピックの話も
ありますね。

 

膨張する資金、
パクリエンブレム、
スタジアム建設の難航、
おもてなし東京の謎制服…

 

これらの資金や
そのバックにいる団体、
無駄な事など…

 

オリンピックと
パラリンピックを
取り巻く問題は特別に
対処していくそうです。

 

都議会とはギスギスしてる?

これは、
就任会見とは別ですが
都議会の方々とは
既にギスギスして
いるようですね…。

 

これは、
記者も察知して、
ツッコんでいましたが…

 

小池都知事は
スルーしていました。

 

しかし、
都議会の方と
言葉を交わした時も
ただならぬ雰囲気
でしたね…。


広告



保守であるスタンスを匂わせた…?

今回の就任会見で
私が個人的に
気になったのは…

 

二、三度使われた
都民ファースト
と言う言葉。

 

これは、
元々トランプが掲げた
アメリカファースト
(アメリカ第一主義)
というものですね。

 

国益最優先で
各政策を行うという
モノでした…

 

それを、
桜井誠さんが選挙期間中、
キャッチフレーズとして
「ジャパンファースト」と
使っていました。

 

これを、
小池都知事が
都民ファーストとして
使ったのには
理由がある気がします。

 

この一連の流れで、
まさか無意味に
トランプや桜井誠さんを
連想させるような
言葉を使うとは思えません。

 

彼らには
反対勢力も
多いですからね。

 

ましてや、
小池都知事は
人が自分をどう見るかを
考えるのが上手な方
ですから…

 

これは予想ですが、
移民問題などで
嘘をついているのでは
という疑いの火種に対する
アピールではないでしょうか?

 

それが
真意なのか
ブラフなのかは
分かりませんが…

 

実際に、
政策を実現し、
都民国民に成果として
示してほしいですね!

Click! オススメ関連記事
直近の課題をまとめました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA