自転車の廃棄方法と料金はいくら?無料になる方法はある?

―廃棄は購入に付き物…

 

自転車の購入をした際、
買い替えの場合は
廃棄も考えるかと思います。

 

私も、
購入した際に
廃棄を経験したわけですが…

 

意外と面倒でした。

 

しかも、
様々な選択肢が
ありますし…

 

…値段の方も
気になりますよね…汗

 

という事で今回は、
自転車の廃棄方法や
料金などについて
取り上げたいと思います。

こんな方にオススメ!
自転車の廃棄方法が気になる方

自転車の廃棄の料金が気になる方



広告


自転車の廃棄方法は…?

自転車の買い替えって、
そう頻繁にないですよね。

 

なので、
購入はいいのですが、
後で先代の自転車の
廃棄に困りますよね…

 

実は、
自転車の廃棄には
いくつか方法があります。

 

その方法によって
料金や手間などが
変わってきます。

 

そこで先ず、
その廃棄方法を
ご紹介していきましょう。

 

1.自転車屋さんの廃棄代行

購入の際に、
先代の自転車を持っていく
などしている場合は、
これが一番いい方法ですね。

 

購入と同時に
廃棄もお願いできます。

 

そして何より、
手間がかからず、
そのまま新しい自転車に
乗り換えれますね。

 

廃棄処分を代行するので、
その自転車屋がある
自治体の廃棄処分料
(+手間賃の場合も)が
最低必要だと思われます。

 

因みに、
あさひだと
中古自転車引き取りに
新車購入時は540円/台
引き取りのみは1080円/台
かかるそうです…

※地域差等で
値段の違いがあります。
要店舗問い合わせ。

 

自転車屋さんだと
タダでしてもらえそうな
イメージでしたが…

 

自転車って、
粗大ごみに
相当しますからね…

 

やっぱり、
廃棄にお金は必要ですね。

 

2.ゴミ処理場に持っていく

ならば、
直接持って行ってしまえ!

 

…というもの。

 

私はコチラを選びました。

 

これは、
お住まいの
自治体によって
値段が分かれます。

 

具体的な方法は
自治体の指示
従っていただければ
OKでしょう。

 

料金は恐らく、
自転車の重量
金額が変わるはずです。

 

ゴミ処理場が近い

車などで運べる

…と言う方にとっては
手間賃が取られないので
安く済むかもです。

 

コチラも、
タダではないですが 汗

広告


3.廃品回収業者は?

普段は
邪険にしている方も
多いかもしれませんね。

 

「要らなくなった
TV・ステレオ・ラジカセ…」

…と
朝から夕方まで
街中を走っているかと
思われます。

 

ですが、
自転車を廃棄するとなると
気になるかと思います。

 

そこで、
調べてみたところ…

 

あまり
おすすめできない事が
わかりました。

 

無料で廃品回収すると
謳っている業者も
多く存在します。

 

しかし、
その言葉につられて
詐欺や恫喝等のトラブルに
あったという方が
非常に多いそうです。

 

もし、
行政に廃棄自転車を
持ち込む場合…

 

400円~800円程
かかるのが相場でしょう。

 

廃品回収の人が
利益を上げるためには
それプラス取り分で
1000円/台位とるのが
普通ではないでしょうか?

 

それを考えると…

楽だから

無料だから

…と
むやみに廃品回収業者を
呼びつけるのは
得策ではなさそうです。

 

もし、
手出しして
不当な請求をされた場合、
国民生活センターへの相談
詐欺被害の届出の提出
しましょう。

 

全ての人が
阿漕な商売を
していると考えるのは
あれですが…

 

もしかしたら…
を優先すべきでしょう。

 

4.技術と道具があれば無料で捨てられる?

中には、
パイプカッターで
細かく切って
燃えないゴミにした…

 

という強者が
いるそうです。

 

素人には危ないので
オススメはできませんが…

 

タダに拘るなら
これもありかもです。

 

ですが、
パイプカッターの値段は
一番安くても100均で
432円(税込)~
だそうです。

(性能は、
自転車のアルミフレームは
カットできるとの事。)

 

因みに、
しっかりしたのは
1000円以上は
普通に必要かと…

 

もともとDIYとかで
持っている方なら
良いかもですが…

 

そうでないなら、
自転車をばらすためだけに
500円もかけたら
本末転倒になりかねない
ですね…汗

 

パイプカッターを
持ち合わせてないなら
この作戦をとるかは
考える必要がありそうです 笑

 

ですが、
低コストに抑える事が
出来る可能性はありそうです。

広告


まとめ

う~ん…。

 

結局、
一長一短ですね。

 

一応まとめますと…

 

1.自転車屋さんの廃棄代行

メリット
  • 買ったついでに頼める
  • そのため廃棄が速くて楽
デメリット
  • 持込みで廃棄だと高くつく可能性アリ
  • 手間賃を取るところだと行政より高い
 

2.ゴミ処理場へ持ち込み

メリット
  • 安心して頼める
  • 最低限の廃棄費用で済む
デメリット
  • 遠いと車等が必要
 

3.廃品回収業者に依頼

メリット
  • 無料のところもある
  • 自宅まで来てくれるので楽
デメリット
  • 詐欺等が多く細心の注意が必要
  • もちろん、無料じゃない場合もアリ

4.自分で分解して燃えないゴミに

メリット
  • 無料で出来る可能性アリ
デメリット
  • 技術が必要
  • 工具が必要
 

…という感じですかね。

 

これらから
考えると…

 

環境が用意されているのなら
4:自分で分解
がベストですね。

 

ですが、
一般の方々は
2:ゴミ処理場持込みか、
1:自転車屋さんに依頼
を選ぶかと思います。

 

それでも、
是が非でも無料で!
と言う方は
3:廃品回収業者に依頼を
選ぶかもですが…

 

変なトラブルには
十分気を付けてくださいね!

 

…以上!
自転車の廃棄方法と
料金についてでした!

Click! オススメ関連記事
自転車を安く買える時期を紹介!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA