舛添要一辞職も残る疑問…百条委員会と東京地検の捜査は?

―しかし…

やっと、
辞職願の提出
漕ぎ着けたそうですね。

 

ですが、
今回の騒動が
ここで終わるのは
後味が悪いですね…

 

今後はどうなるのでしょうか?

こんな方にオススメ!
辞任願提出後の動きが気になる方

あんまりスッキリしない方



広告


辞任は21日になる?

自民党も
国政への影響を
真剣に考えたのでしょうか?

 

21日付辞職
濃厚みたいです。

 

すぐに辞めずに
ぎりぎりまで
居続けることも
気になりますが…

 

今後はどうなる…?

舛添都知事今後の事
残された問題の事
なんか後味が悪いですね。

 

出来れば全てを
話していただきたいところ…

 

という事で、
今後どうなるのか
ターニングポイント
見ていきましょう…

広告


20日集中審議

一応、
21日までは
舛添都知事ですので
疑惑の追及からは
逃れられません。

 

この時に、
話していただけると
いいのですが

 

この調子では
先ずありえない
でしょうね…

 

百条委員会の設置

そこで気になるのが
百条委員会の設置です。

 

20日の
集中審議の代わりに
これが置かれる可能性や
その他で日程を組む
可能性は0ではないです。

 

しかし、
舛添都知事
完全にオリたことで
自民公明は追及の手を
緩めるでしょう…

 

むしろ、
ここで自民公明が
積極的に事実の解明に
努めることができれば
国民はより信頼するでしょう…

 

党や議員にとっては
マイナスの側面が多い
決断ですが…

 

これは
都議会の動向次第です。

広告


次期都知事にも期待

又、
追及のポイントとしては
誰かはわかりませんが
次期都知事にも
期待がかかります。

 

もしかすると
次期都知事が
この問題の追及に
着手するかもしれません。

 

ちなみに、
猪瀬前都知事辞職後の
舛添都知事の対応は
スルーでした。

 

舛添都知事曰く
それよりも
やるべきことがある

 

うーん…

 

やるべきことって
なんだったんで
しょうかねぇ 笑

 

都議会のポイントは責任逃れと情…?

以上は
都議会が自浄能力
発揮した場合のシナリオです。

 

舛添都知事
積極的な情報開示が
求められる部分では

辞めた(辞める)から
もう関係ない

といった態度に
出るかどうかですね。

 

そして追及する側は

辞めた(辞める)から
かわいそうだよ

という政治家同士の
かばい合い
なるかどうかですね…

 

最後は東京地検の捜査…?

となると
外部である東京地検
捜査してくれるか
と言うポイントになりますね。

 

金額が低い
立証しにくい
という事でこの線が
微妙との見解も
ありますが…

 

あの出版社社長は誰なのか
ホテルで何があったのか
という点ぐらいは
東京地検の力を
もってすれば
調べられるハズです…

 

是非是非
舛添都知事を暴いて
ほしいものですね…

Click! オススメ関連記事
わかっていたけど…

 

  【特集】舛添騒動まとめへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA