サム・ハント:オススメ曲は?グラミー新人賞獲得なるか?

1月なのにやけに暖かい
日が続いていますが、
皆さんはお元気でしょうか?

 

今回も引き続き、
グラミー賞ノミネート
したアーティストに焦点を
あてていきたいと思います!

 

早速、
ご紹介するのは
サム・ハントです!



広告


サム・ハントとは?

サム・ハント
1984年12月8日生まれ、
アメリカジョージア州出身
のシンガーソングライターです。

 

カントリーミュージックが主な
活躍の場です。

 

又、
以前は大学のフットボール選手
でもあったそうですね!

 

2010年代からミュージシャンとして
活発に活動しています。

 

出した2枚目のシングル
“Leave the Night On”からは
出すシングル出すシングル
上位に食い込んでいます!

 

そして現在、
2016年グラミー賞最優秀新人賞
ノミネートされています!

広告


サム・ハントの曲紹介

サム・ハントの曲は
カントリーベースですが、
R&Bやエレクトロミュージック
ポップなども混ざっています。

 

そのミックスがなかなかに絶妙
だと私は感じます。

 

また同時に、
硬めの曲もこなせるという
表情の豊かさもポイントでは
ないでしょうか?

 

それでは、
以前紹介した曲もありますが
サム・ハントの曲をいくつか
ご紹介しましょう!

 

”House Party”

以前も紹介したことのある
この”House Party”

 

ライトなエレクトロカントリー
が新鮮ですね!

 

=>Sam Hunt – House Party

 

カントリーっぽく
エレクトロっぽく
ロックっぽい

 

非常にうまくまとまった
ノリのいい曲ですね!

 

“Take Your Time”

2014年のシングル以来
人気のこの曲。

 

スピーキングスタイルとも
呼ばれる半分語っているような
歌い方で始まるメロが特徴的です。

 

=>Sam Hunt – Take Your Time

 

淡々とした感じですが
サビの開けたイメージの
曲調で余計に印象が強くなる
曲ですね!

 

こちらも
一度ご紹介したことのある
曲でしたね。

 

このままだと、
サボってる感が出ますので
もう一曲ご紹介しましょう 汗

 

”Break Up in a Small Town”

コチラも
スピーキングスタイル
メロが奏でられる曲です。

 

=>Sam Hunt – Break Up In A Small Town

 

サム・ハント
曲を聴いていると
こういう曲もありだな」という
新たな境地的なものが
見えてくる気がします 笑

 

それ位、
無理やり感が感じられない点
がいいですね!

まとめ

さて皆さん、
いかがでしたか?

 

サム・ハントが持つ
独特な良さが伝わりました
でしょうか?

 

サム・ハント感性が織りなす
音楽達が評価されノミネートに
繋がったのでしょう!

 

因みに、
今回ご紹介した3曲はすべて
サム・ハントのファーストアルバム
”Montevallo”に入っています!

 

※同じ最優秀新人賞候補の記事あります!
=>トーライ・ケリー:グラミー最優秀新人賞に王手!曲を紹介
・・・魅力ある新人に期待です!

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA