北方領土2島返還のメリット・デメリットや可能性は?

―それってどうなの?

 

北方領土に関する
交渉が進んでいる
ようですね。

 

しかし、
ニュースでは
2島返還との話題が
上っています。

 

それに世間が
賛成・反対割れて
いるみたいですね。

 

という事で
この実態を
みてみましょう…

こんな方にオススメ!
北方領土2島返還のメリット・デメリットが気になる方

北方領土2島返還の可能性が気になる方



広告


どうなる北方領土交渉

2島返還の可能性の話題…

 

まだ
決まったわけでは
ありませんが…

 

皆さんは
どう感じている
でしょうか?

 

嬉しいですか?

イライラしますか?

 

…う~ん
何とも言えない感じ
でしょうか…。

 

北方領土言えば、
当時のソ連が戦時中の
どさくさまぎれに占拠

今現在も
実効支配している
という因縁の場所。

 

この事実からして、

「返してあげる」

という態度がすでに
おかしいのですが…

 

ロシア側が
領土を握っている以上、
外交カードに使われて
しまいます…。

 

2島返還の場合
経済協力を目的に
歯舞と色丹を渡す

となりそうですよね…

 

これはどうなのでしょうか?

 

ロシアにとっての歯舞と色丹

実際、
ロシアにとっては
歯舞も色丹も
さほど重要ではない

…といった感じらしいです。

 

なので
ロシアがヤバい時、
この2島を日本に
ちらつかせるのです。

 

先ず、
歯舞は漁場以外の
価値はほぼないそうです。

 

次の色丹も
漁業が主ですね。

現在は、
ギデロストロイ社
という企業の
水産加工施設も
あるそうです。

 

因みに、
このギデロストロイ社は
ロシアの実効支配の要
でもあります。

 

北方領土の
経済を回しているのは
実質この企業だとも…

 

日本は元々、
ロシアへの経済援助が
カットされたことを使い
兵糧攻めする目論見でした。

 

そうして、
領土は入らないから
援助してくれと言わせ
4島返還させるという
シナリオだったのです。

 

しかし、
ギデロストロイ社などの
北方領土の経済的躍進が
続いてしまいました。

 

それに乗じて
日本の一部商社も
この企業と取引して
いるみたいですね。

 



 

ですが、
その一方で
この企業は色丹を
加工場の廃液による
ヘドロで汚染している
そうです。

 

色丹の恒久的な開発は
視野に入っておらず、
あくまで択捉と国後が
開発の中心みたいですね。

 

結局、
ロシアからすると
択捉や国後に比べ
重要度が低いのが
2島なのです。

 

広告


2島返還のメリット・デメリット

さて、
これ等を踏まえたうえで

歯舞・色丹の2島が
返還されることの
メリット・デメリットを
見ていきましょう…。

 

※正直、
デメリットの方が
多い気がしますが…

メリット

1.全島返還の足懸りになる

2島をまず返してもらい
その返還を軸に
もっと返してもらおう
という事だそうです。

 

アメリカから領土を
交渉によって
段階的に取り戻した
例をとりあげて
可能だと結論付けています。

 

私はこの考えが
本当にメリットとは
思えないのですが…

 

一部識者に言わせれば
これがメリットだそうですね。

 

とりあえず利益を出す



ゴールポストを動かす



おかわり

 

どこぞの国
している事を見習う
という事でしょうか…

 

ロシアの反発は
予想出来そうですね。

日本だって
どこぞの国にされて
良い気分ではないですから。

 

しかし
外交戦術としては
一定の効果が
期待できそうです。

 

2.軍事拠点の建設

日本政府が本気で
こんなことできない事は
分かったうえでですが…

 

軍事拠点の建設地
にはできそうですよね。

 

他にも、
米軍基地の招致など…

期待できそうですが…

 

ロシアの
眼と鼻の先に
米軍を置いたら
プーチンもブチ切れる
でしょうね…笑

 

デメリット

3.返還?譲渡?

気を付けてほしい点の一つに…

返還なのか譲渡なのか

があります。

 

ロシアが「2島譲渡」
とか言い出す可能性も
大いにあります。

 

これをのんだ場合は
後から返せとごねられたり
厳しい条件になる可能性も。

 

4.アメリカは棚上げしてほしい?

ヤルタ協定の下
当時のアメリカとイギリスは
ソ連の侵攻を認めています

 

所謂極東密約ですね。

 

日本から見れば
一方的な破棄ですが。

 

後のアイゼンハワー政権で
これは公式の協定ではなく
無効だとの声明が
発表されました。

 

しかし、
ロシアはこの時の
密約が占領の根拠だとして
引かない構えです。

 

これが北方領土を巡る
日米ロの微妙な関係の
根底ですね…

 

アメリカは後に
日本の主張を
認めていますが…

 

日本とロシアの交渉は
あまりしてほしくない
みたいです。

 

よって、
2島を返還されたら…

日本とロシアの間に
領土問題はないという
方向にもっていかれる
可能性が大です。

 

アメリカも面倒なので
棚上げになったら
賛成すると思われます。

 

そうなれば
4島完全返還は
夢のまた夢。

 

5.今の日本に軍事力なし

御存じの通り、
今の日本には
軍事力はほぼないです。

 

中国にあそこまで
ちょっかいを出されて
何もしない国なので…

 

9条という枷を外し
正規の軍隊を持たないと
ただロシアが近いだけ。

 

それはいたずらに
日本を危険にさらすだけ
とも考えられます。

 

6.国境をなくす案はヤバい

2島を返還するものの…

国境をなくして
日本人とロシア人が
自由に往来できるようにする
という案があるそうですが…

 

これはヤバい

 

第二の在日問題として
今後禍根を残すことに
なりそうですからね。

 イギリスのEU離脱…なぜ日本では移民問題が語られない?

今までも様々な着地点を模索

日露の交渉の歴史は長く、
今までも様々な着地点を
探してきました。

 

一般に語られる
4島一括返還・死守以外に…

 

純粋に面積で分割や

島の数で分割…

3島返還など…

 

いずれにしても
今もこうして問題が
続いていますから…

どれも折り合いが
つかなかったと言う
結果なのは明らかですが…

 

クリミア問題とリンクさせる?

少し注目されているのは
返還と引き換えに
ロシアのクリミア占領を
認めさせるのでは?

 

…というお話。

 

しかし、
安倍首相がOKしたら
G7の反発は必至ですし…

 

アメリカあたりが
黙ってないでしょう…

 

ですが、
これなら4島も
狙えるのではと
言われているようです。

 

現実味は薄いですが…

交渉のテーブルには
出てきそうですよね。

 

しかし可能性としては2島返還か現状維持?

とはいえ、
実効支配をして
人が大勢いる
択捉や国後の撤退は
容易ではありません。

 

そのため
現状維持か
2島先行返還が
可能性としては
高そうです…

 

しかし、
2島だろうと4島だろうと
帰ってきたとして…

その活用をどうするのか
国防をどうするのかも
同時に考えておかなくては
いけませんね。

 

又、
2島が先に返ってきても
漁業と軍事以外の価値の他
想像つかないのが現状です。

 

領海や漁業権も大切ですが
その分の経済協力や
4島完全返還も視野に
考えると…

 

ハードルは多そうです。

 

ロシアだって
タダで日本に
領土を渡しましたなんて
国民に説明できない
ですからね…

 

お互い面子がかかってます。

 

なので、
議論は紛糾しそうですね。

まさかの「4島共有」?

まぁ、
議論の段階であり
幾らでも覆る可能性は
ありますが…

 

4島共有は
斜め上過ぎましたね 笑

 

確かに、
最も折り合いの付けやすい
条件だとは思います…

 

こうすることで、

波風立てずに
特例措置で元島民も
帰郷できます。

 

事実上、
攻撃手段を持たない日本が
出来る最大の成果でしょう

 

ですが、
この路線が実施されれば…

 

日本からの国土の奪い方
世界中にお知らせする事に
なるわけです。

 




日本に実力行使



実効支配



国際法等は完全無視



国民を移住させて
奪った国土で生活させる



あとは飴と鞭で
距離感を取るだけで
日本から金・援助の
追加ボーナスも奪える。




 

この方法をしって
最も喜んでいるのは
他でも無い…

ドコゾノ3国

でしょうね。

 

しかも、
4島共有というと
聞こえはいいですが…

島出身の方が
完全にいなくなった時…

ロシアに
島が帰るだけだと
思うんですよね。

 

ロシアからしたら、

島を貸してる

という見方に
なると思われます。

 

この時、
武力を背景に
外交が出来ないと…

結局元ザヤだと
思うんですよね。

 

本当に、
この路線で行くのか?

 

ちょっと
気になるところ
ですね…汗

 

Click! オススメ関連記事
日本の八方塞がりの大体の原因はコレ。

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA