羽賀研二:若い頃から今…女・被害者・アラジン?【波乱万丈】

―堕ちていく過程が凄い…

 

高身長タレントで実業家。

ドラマ・映画・吹き替えで
活躍するも…

羽賀研二未公開株詐欺事件を
起こして受刑…

 

最近もまた
話題になったようですが、
かなり起伏のある人生
ですよね…。

 

今回はそんな
羽賀研二さんについて
取り上げたいと思います。

こんな方にオススメ!
羽賀研二さんの若い頃から今までが気になる方



広告


タレントから受刑者へ…羽賀研二さんの人生がある意味ですごい。

芸能人で犯罪を犯し、
情けない形で
一線を退くことが
稀にありますよね。

 

羽賀研二さんも
そのパターンでは
あるのですが…

 

その最後に
至るまでの人生が
非常に起伏が激しい…

いわば、
波乱万丈な人生なのです。

 

そこで、
若い頃から現在までを
追ってみてみたいと
思いました。

 

辛すぎる幼少時代…

羽賀研二さんは
アメリカ人の父をもつ
ハーフでした。

 

そのため、
羽賀研二さんの髪の毛は
赤みがかっていました。

 

それが
いじめの対象
なっていたそうです。

 

又、
家庭も決して裕福ではなく、
子供のころから
学校の傍ら働き、
家計を助けていたそうです。

 

そのため、
小中学校時代は
かなりツラい思い
したいたそうです。

 

ハーフが活きた高校時代

しかし、
そのいじめのきっかけだった
ハーフである事も

高校時代になって始めた
バスケでは武器に
なったそうです。

 

背番号5番で
インターハイに出場するなど
したそうですね。

 

因みに、
バスケの5番は

守りの要だったり
副キャプテンだったりと

実力と信頼が無いと
貰えない位置です。

 

羽賀研二さんが
いかに輝いていたかを
物語っていますね。

 

スカウトされ芸能界入り

その高身長と
スタイルの良さが
1981年にデビューします。

 

皆さんもご存じの通り
俳優や歌手として
活躍しました。

 

1982年からは
初代いいとも青年隊
出ていました。

 ウキウキWATCHING/いいとも青年隊

 

このあたりから
本格的に出世していきます。

広告


あの名作の主題歌もカバーしていた!

1984年にはあの名作

ネバーエンディングストーリ―

の主題歌のカバーを
歌っています。

 

因みに
中身の歌詞は
全く映画の内容に
関係がありません…。

 

女性を口説く詞なので、
どちらかと言うと
羽賀研二さんの方が
関係が深いかと…

 

ですが、
声質は地味に好評です。

一聴の価値アリですね 笑

 ネバーエンディングストーリーのテーマ 羽賀研二

 

内容はともかく
甘い感じの歌声ですよね…

 

で、
実はこの声を生かして
別のお仕事もしていました…

 

アラジンの声優がかなりの高評価

1993年、
アラジンの映画が
出たわけですが…

 

そのころの
アラジンの吹き替えの声が
羽賀研二さんの声でした。

 

VHSが消えて
差し替えられていますので
聞くことは難しいですが…

 

アラジンの声と言えば
羽賀研二さんの声
だと言う人が多いようですね。

 

因みに、
2000年代リリースのものは
三木眞一郎さんという

ポケモンのコジロウ役、
ポケモン図鑑の声役等…

の方になっています。

 

事件のせいで
元のアラジンの声が
聞けなくなることを
悲しむ声が多いようです。

 

女関係で最大の被害者:梅宮アンナさん

そうした成功の陰で
羽賀研二さんは
梅宮アンナさんと
交際を始めます。

 

しかし…
羽賀研二さんには
梅宮アンナさんには
うちあけていない

2億4000万の借金

がありました。

 

しかも、
借金で梅宮アンナさんへの
プレゼントを買うなど
していたみたいです。

 

さらに、
羽賀研二さんには
別の女がいたり…

 

梅見アンナさんに
借金を肩代わりさせたり…

 

金銭面で
とんでもない事
ばかりしていました。

 

こうした歪んだ交際に
梅宮アンナさんのお父さん、
梅宮辰夫さんは激怒し
猛反対していました。

 

このような泥沼状態を
マスコミはこぞって
取り上げました。

 

交際の最後の方では
羽賀研二さんがその状況を
逆手にとって

沖縄に店を開く事を
マスコミに公表し宣伝。

 

そのための金4000万円を
梅宮アンナさんを
連帯保証人にして
工面してもらう等
していました。

 

先に
マスコミに宣伝されては
引くに引けないですからね…。

 

ある意味賢い戦略です。

 

…と
このような
借金まみれの生活が
苦しいとの理由で
結局破局します。

 

しかし、
梅宮アンナさんの下にも
多額の借金が残ったそうです。

 

…こうして、
羽賀研二さんは
借金大王として叩かれ

一度は
表舞台から
姿を消しました…

 

宝石販売業で成功

羽賀研二さんは自身も
2億4000万の借金を
背負っていました。

 

そんな中
始めた宝石ビジネスが
成功を収めたそうです。

 

キャッシュで
2億のマンションを
買ったとの逸話も
あるそうですね…汗

 

ただ、
その宝石ビジネスも
グレーなものだそうです。

 

大した価値のない宝石を
芸能人が関わる事で客を落とし
元の10~100倍の値で売る
という感じで一般客に
買わせていたとか…

 

しかし、
芸能人の間では

芸能人プロデュースだから

と言う理由で売れると知って
こっそり始める人が
多いのだとか…。

 

ちょっと、
怪しい空気ですよね…。

 

芸能界でも再度復活していた…!?

しかし、
2000年代に入り、
徐々に復活の足懸りを
作っていたみたいです。

 

例えば、
こんなところで 笑

 ketsumeishi kiminiBUMP

 

なんか
役がハマっていて
ジワりますね…笑

 

因みに、
このPVは2004年の
ものなので…

 

丁度、
ほとぼりが冷めて
復活できそうな
時期でした

 

が…しかし…逮捕。

2007年、
詐欺・恐喝等の罪で
逮捕起訴されました。

 

羽賀研二さんらが
不動産会社社長に
違法な売買契約で
未公開株を買わせた
あの事件ですね。

 

更に、
羽賀研二さんは
暴力団とともに
恐喝を働いていました。

 

羽賀研二さんはこれらの罪で
約4億の支払い命令と
懲役6年の実刑判決を
受けました。

 

そして、
2019年まで
沖縄刑務所で服役
することになりました。

広告


羽賀研二さんの失墜の理由は全て「カネ」

借金が膨らんだことも
男の見栄であったり…

 

詐欺を働いたのも
金の為…

 

う~ん…。

 

典型的な
人生の踏みはずし方
ですね…。

 

金に関して
抑えが利かないタイプ
だったのでしょう…

 

それに巻き込まれた
梅宮アンナさんや辰夫さん、
不動産会社の社長さん
等の方々が不幸ですね。

 

羽賀研二さんは
様々な面で才能が
あったようですが…

 

非常に残念な方ですね。

 

Click! オススメ関連記事
この人に似た何かを感じました…笑

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA