グラミー賞はドレスも見所!58回裏グラミー賞ドレッサー賞

グラミー賞は当然音楽が注目される祭典です。

 

しかし、

グラミー賞が始まると必ずこの話題も飛び出します…

 

ドレッサー賞

 

正式にこんな賞があるわけではありません。

 

しかし、海外のメディアはドレッサー賞と位置付け、

ノミネートしたアーティストや関係者の服装にも注目します。

 

いわば裏グラミー賞…笑

 

今回はそんなドレッサー賞についてお話ししたいと思います!



広告


グラミー賞はドレスも見所の一つ!

冒頭にも紹介した通り、

グラミー賞はノミネートされたアーティスト達や関係者のドレスにも注目が集まります!

 

グラミー賞の受賞式ではアカデミー賞の様に、

レッドカーペット上をノミネートアーティスト達や関係者が歩きます。

 

そこで、授賞式のドレスを一般客やマスコミにお披露目します。

 

そのため、グラミー賞で何ショットか

アーティスト・関係者のドレスを着た写真が撮られます。

 

それを基に、メディアが勝手に、

ベストドレッサー賞という名目で

ファッションの格付けをするのです。

 

又、個人がSNSなどで勝手にやっているものもあります。

 

まあ、結局のところ、

個人・団体が気に入ったファッション

ベスト・ドレッサー賞になるだけなのですが 笑

 

特に人気が高いのはテイラー・スウィフトですね。

毎度高評価をもらっています。

※海外も注目する日本のファッションデザイナーを特集したこちらの記事もいかがでしょうか?

=>篠原ともえの口とユーミンの衣装デザイン…影と光を調査

 

広告


その逆も然り…

さて、お気づきの方もいるでしょう。

 

海外メディアの格付けは辛辣です。

 

ベストがあるならワーストもあるのです。

 

ベストに輝く事ワーストに輝かない事

これがグラミー賞の裏で行われるバトルでもあります…笑

 

去年の2015年。

英紙デイリー・メールは毒を吐きまくっておりました。

 

「今年のグラミー賞授賞式のレッドカーペットは珍ドレスの行列になった」

 

…と 汗

 

そんなデイリー・メールが選ぶ

2015年ワースト・ドレッサー賞

マドンナだったそうです。

 

要約すると、

いい年して卑猥だ

という事だそうです 笑

 

写真や詳細はグーグルに何か言われそうなので載せられません 笑

そういう酷さです…察してください…

 

SNSでも

「そろそろ上品に年をとって

「マドンナはグラミーというより、グラニー(お婆ちゃんの意)に出ていたんだろう」

という書き込みがあったそうです 笑

 

その他の出席者についてもぼろ糞に酷評しておりました。

 

容赦ないですね海外紙 笑

 

まとめ

このように、グラミー賞では出席者のドレスについても注目が集まります。

 

裏グラミー賞

レッドカーペットからすでに

始まっているのです…笑

 

半ば独断と偏見なので面白半分に捉えていただければ大丈夫ですが…汗

 

皆さんもレッドカーペットを歩く出席者の

ファッションにも注目してみましょう!

 

2016年、あなたプレゼンツ…

ベスト・ドレッサー賞&ワースト・ドレッサー賞

に輝くのは一体誰だ?

 

…と、まあ

冗談はここまでにしまして、

海外紙はレッドカーペットにも注目します。

 

ですので、興味のある方は

2016年の出席者の驚きのファッション(いい意味・悪い意味両方で)

をチェックしましょう!

 

2016年のグラミー賞は伝説のこの人も話題になっています!

=>グラミー賞~フランク・シナトラ生誕100周年!~

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA