グラミー賞受賞者プレイバック!~1960年~

グラミー賞プレイバックシリーズ2回目!

 

今回は1960年開催の

第2回グラミー賞

を取り上げますよ!

 

この年は有名なあの人の初受賞年です!



広告


1960年ごろはどんな時代?

先ずは、開催された1960年ごろの出来事を振り返っておきましょう!

 

1960年と言えば、アフリカ諸国の独立が顕著だったので、

アフリカの年と呼ばれますね。

 

その他にも、日本国内ではジーパンが流行した年だそうです。

 

又、1960年3月30日日本映画史上初の天覧上映がなされました。

このときご覧になった映画は「ベン・ハー」だそうです。

 

因みに、この「ベン・ハー」、

1960年の洋画ランキングで1位でした!

 

1960年第2回グラミー賞受賞者

第2回グラミー賞は誰が手に入れたのでしょうか?

 

ボビー・ダーリン(Bobby Darin)”Mack the Knife”

ボビー・ダーリンは1936年生まれのシンガー、作曲家。

様々なジャンルに精通している彼はアレンジャーとしても才能がありました。

 

しかし、1973年12月20日、37歳という若さで亡くなりました。

 

そんな天才が生み出した曲がこの”Mack the Knife”

獲得した賞は最優秀レコード賞最優秀新人賞です。

=>Mack the Knife-Bobby Darin

 

どんな曲でも彼のものにしてしまう・・・

そう評価されています。

 

そんな能力はボビー・ダーリンの持つ

独特のスイングのタイミングにありますね。

 

どんなミュージシャンにもその人特有のスイングを持っています。

それが、ボビー・ダーリンの場合絶妙ですね。

これが万人受けした結果なのでしょう!

 

そんな才能が評価された上での2冠です!

 

もっと長生きしていたら、

フランク・シナトラを超えたかもしれないと言われるほど凄い人です。

 

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)”Come Dance with Me”

そのフランク・シナトラも初の受賞です。

その賞は最優秀アルバム賞です。

 

フランク・シナトラは今年で生誕100周年という事で、

コチラの方で詳しく紹介しています。

=>グラミー賞~フランク・シナトラ生誕100周年!~

・・・この節目の年に注目が集まっています!

 

ですので、フランク・シナトラの詳しいお話は↑に譲るとします 汗

 

今回、受賞したアルバム”Come Dance with Me”

通算17枚目のスタジオアルバムです。

 

更に驚くべきはその実績。

140週に渡ってビルボードのヒットチャートに食い込んでいたアルバムなんです。

 

今じゃ厳しいです。絶対に。

時代が為し得た技でもあるのかもしれません。

 

そんな”Come Dance with Me”から一曲。

=>Come Dance With Me (Frank Sinatra – with Lyrics)

 

広告


ジミー・ドリフトウッド(Jimmy Driftwood)”The Battle of New Orleans”

コチラは最優秀楽曲賞を受賞しました。

 

あんまり、知らない方の方が多いかと思います。

私も知らなかったのですが、この曲の背景を知ったら驚きました 

 

その名の通り実際に起きた米英戦争の「ニューオーリンズの戦い」をモチーフにしています。

 

歴史ものの映画の主題歌かと思ったらそうじゃないんです。

 

歴史教師が子供のために作った学習用ソングなんです!

 

この曲の作者、ジミー・ドリフトウッドはミュージシャンでもあり歴史教師でもあります。

子供が歴史に興味を持ってくれるようにと作った曲だそうです。

 

で、作ったら、グラミー賞を受賞するほど人気になっちゃった!

…という裏話があったのです 笑

 

詞の中ではちゃんと史実に基づき、

 
  • 勃発年が1814年。
  • アンドリュー・ジャクソンが率いた事。
  • その当時、イギリスと仲が悪かったフランス人海賊(ジャン・ラフィット)と結託したこと。
  • 奇襲作戦の成功で撤退させたこと
  • 後にアンドリュー・ジャクソンは大統領になること
 

といったことを盛り込んでいます。

 

その歌がコチラです。

=>Original Jimmie Driftwood the battle of new orleans

 

軽快なアメリカン・カントリーのリズムにのせて、

歴史の重要事項のお勉強ができます 笑

 

まとめ

如何だったでしょうか?

 

第2回グラミー賞受賞者は驚きを持って発表されたことでしょう。

…色々な意味で。

 

おさらいしましょう。

1960年第2回グラミー賞を受賞したのは、

 
  • ボビー・ダーリン(Bobby Darin)”Mack the Knife”‐最優秀レコード賞・最優秀新人賞
  • フランク・シナトラ(Frank Sinatra)”Come Dance with Me”‐最優秀アルバム賞
  • ジミー・ドリフトウッド(Jimmy Driftwood)”The Battle of New Orleans”‐最優秀楽曲賞
 

でした。

 

次回もお楽しみに!

 

前後年の受賞結果も確認!

【go to 1961=>グラミー賞歴代受賞者プレイバック~1961~

【back to 1959=>グラミー賞歴代受賞者プレイバック~1959~

=>グラミー賞特集ページへ!

 

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA