フライデー:成宮寛貴の報道で廃刊?信憑性と誤報の疑いは

―フライデーは文春ではない

 

今年は、
センテンススプリングが
大活躍でしたね。

 

これにより、
週刊誌業界が
活気づいており…

 

文春に続けとばかりに
様々な週刊誌が
センセーショナルな記事を
書いていますが…

 

どうも、

フライデーはやらかしたのでは?

と言う声が
急速に湧き上がっています…

こんな方にオススメ!
 成宮寛貴さんの報道でフライデーの今後が気になる方



広告


成宮寛貴さんの報道は誤報?信憑性は?

先ほどの記事では、
成宮寛貴さんの
引退宣言をうけて…

これからの事を
書きましたが…

 成宮寛貴が引退発表!今後や薬の真相が本当か気になる…

 

この一連の騒動を受け、
誤報だったのではないか
という疑いがフライデーに
向けられています。

 

というのも、
この成宮寛貴さんの
薬物使用をすっぱ抜いたと
される話題は…

 

実は…
  • 別人説
  • タレこみ元の友人Aの私怨説
  • ねるねるねるね説
  • 楽しいケーキ屋さん説
などが言われているからです。

 

成宮寛貴さんの事務所は
法的措置も考えていると
言っているようですし…

 

尿検査は陰性ですし…

 

正直、
信憑性に欠けますね。

 

これが文春なら
ここのところの
実績があるので
受け止め方が
変わったのですが 笑

 

一方のフライデー側も
自信満々だそうで…

訴訟に対して
受けて立つとのこと。

 

週刊誌は絶対に引かない

週刊誌のゴシップは
7~8割嘘のような話題を
とり扱います。

 

しかも、
その話題は
芸能人や政治家が主。

 

「公人」として
扱われやすい相手なので
ある程度のスクープは
許される風潮があります。

 

その上、
消費者に買ってもらうため、
大げさに報道する
傾向があります。

 

本当に酷い時は
願望記事だったり…

 

このような
体質・性格ゆえ、
絶対に引きません。

 

とはいえ、
成宮寛貴さんの報道が
誤報だとしたら
可哀想ですね。

広告


フライデーの廃刊はあるのか?

正直、
無いと思います。

 

先ず第一に、
訴訟されて負けても
想定の範囲内です。

 

やってる仕事が
やってる仕事ですから…

 

最悪、
訴訟の事も
考えているはずです。

 

ですから、
訴訟で負けて
何らかの支払いを
命じれても…

 

よっぽどの展開を
見せない限り…

フライデー自体は
消えはしないはずです。

 

第二に、
このような誤報なら、
新聞やTVメディアも
やらかしてます。

 

あの誤報と捏造の
スペシャリスト…

朝日新聞社は

慰安婦問題の捏造・誤報で
潰れたでしょうか?

 

新聞が買われなくなって
湿気取り用にしか
使われなくなっても…

消えはしませんでした。

 

成宮寛貴さんの件と
比べてはいけないですが…

正直こっちの方が
重罪だと思います。

 

しかし、
今日も新しい古新聞を
刷りまくっています。

 

これらを考えると、
廃刊まではいかない
でしょうね…

 

まとめ

結局のところ、
フライデーの信憑性は
大したものではありません。

 

あくまで、
ゴシップとして消費すべき
ものなのです。

ごくまれに
ヒットを打つだけです。

 

今年はどうしても
文春の躍進があったので

週刊誌は
芸能界や政界の

切り込めない話題に
切り込むもののように
見られる節がありましたが…

 

フライデーはフライデー

…という事ですね…。

 

とはいえ、
成宮寛貴さんの
被害は甚大ですが…

注目関連記事!
こちらはフライデーがホームランを打った例。

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA