EUからイギリスが離脱?:加盟国への影響と知られざる問題点

―EUの問題は山積み

日本からは
あまりに遠く、
EUの事はあまり
身近ではありませんね。

 

しかし、
今回のイギリスのEU離脱は
かなり注目を集めています。

 

日本では
貿易面や投資面、
移民政策の見直し、
対英政策の見直し
が必要になってきますね。

 

しかし、
中心であるEUの事
あまり知られていませんね。

 

そこで今回は
イギリスEU離脱
EU加盟国の問題
スポットを当てていきたいと
思います。

こんな方にオススメ!
イギリスのEU離脱が気になる方

EU内の問題点が気になる方



広告


EUは一枚岩じゃない

2度の大戦で疲弊した
欧州諸国…。

 

ヨーロッパの歴史は
彼らの戦いや謀略の歴史。

 

常にどこかの国家間で
戦争や紛争が起きていました。

 

その反省や友好の証として
徐々に歩み寄りを
図っていたのが
EUの歴史なのです。

 

ですが、
日本では
注目されませんが
EU内の問題
意外と多いのです。

 

そして、
それら問題のせいで
EUは徐々に分裂して
いるのです。

広告


EU内に横たわる問題

EUは通貨、経済、移動等を
統一していきましたね。

 

しかし、
その統一がEU内の
問題なのです。

1.EU内の2極化問題

私たちが
EU発の大きなニュースで
注目したのはギリシャ問題
ではないでしょうか?

 

ギリシャが
デフォルト寸前になった際に、
EUが痛み分けをすること
猛反発しましたね。

 

誰でも彼でも
EUに加盟させたがため、
経済力の低い国
経済力の高い国で支える
という構造になりました。

 

それに、
経済力のある国から
批判が出ているのです。

 

格差の是正のため
先進国が我慢しつづける
心を鬼にして
見て見ぬ振りするか

といった問題があります。

 

2.ドイツの発言権問題

そうなると逆に、
今現在、EUで
最も経済力のあるドイツが
強い発言権を持ちます。

 

EUの政治や経済は
ドイツ色が強くなり、
それに危機感や拒否感を
抱く国々から批判が
でてきています。

 

結局、
EU内の円滑な運営のため
誰かが折れなくては
いけない状態なのです。

 

3.移動の自由がもたらす問題

移動の自由が保障される
EU圏内では
貿易が発達しますが
治安の悪化が伝播する
といった問題もあります。

 

犯罪者の逃亡、
違法な物の密輸といった事が
容易にできてしまいます。

 

又、
EU諸国の文化に
順応する気のない
一部の移民は
各国の治安や経済を
食い潰していきます。

 

これによる
労働問題
人材流出問題
EU諸国は抱えています。

 

これ等は、
かなり深刻な社会問題に
なっていますね…。

広告


イギリスの離脱が連鎖?

EUを取りまとめる側は
このイギリス離脱
EU崩壊に連鎖するのを
恐れています。

 

EU内は以上の様な
問題を多数抱えています。

 

これを
EUによる構造的な問題
として考えれば
離脱することが
良いように思えますよね。

 

確かに、
移民の締め出しは
出来そうですよね。

 

しかし、
必ずしも
経済がよくなる
とは限りませんね…

 

そうなると
イギリスの動向を見て
他国内でも離脱の機運が
高まってくる可能性も
ありますね。

 

Click! オススメ関連記事
離脱が決定!その影響は…?

 

EU離脱問題のまとめへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA