ディアンジェロが2016年神奈川・大阪で来日ライブ!

ブラックメサイア
 ”Black Messiah”のリリースと
グラミー賞ノミネートで注目の
ディアンジェロ

 

15年の沈黙を破り復活し、
2016年3月、
ついに来日するとのこと!

 

そこで今回は、
ディアンジェロについての話と
その驚きの情報の詳細
お届けしたいと思います!



広告


ディアンジェロとは?

先ずはざっくりと
ディアンジェロについて
解説します。

 

ディアンジェロ(D’Angelo)
はアメリカの
シンガーソングライターです。

 

1974年2月11日生まれ
本名はMichael Eugene Archer
主に、ファンクソウル
活躍しています。

 

ボーカルだけでなく、
ピアノ・ギター・ドラム等
あらゆる楽器をマルチにこなし、
作詞作曲もできます!

 

1995年アルバム”Brown Sugar”
デビューネオソウルという
あたらしいジャンルを確立
話題になりました。

 

因みに、
このネオソウルという
ジャンルは、
ソウルミュージックに
別のジャンル(ジャズ・ファンク等)
を融合させることで生まれた
ジャンルです。

 

2000年には、
セカンドアルバム”Voodoo”
をリリースし、
国内外で多くの評価を集めました。

 

その後は、
ディアンジェロとしての活動
を目にしなくなりました。

 

しかし、
約15年の沈黙の後の
2014年12月。
サードアルバム
”Black Messiah”
リリースされました!

 

ディアンジェロを尊敬し、
影響を受けたと語る
アーティストも多いことから
ファンだけでなく
アーティスト達にも
衝撃が走りました!

 

2015年のサマソニの熱狂ぶり
からもその偉大さがわかります!

 

※こちらはカントリーの話題!
=>クリス・ステープルトンのアルバムTravellerがグラミーに
・・・非常に心地良いカントリー!

広告


”Black Messiah”を少し紹介

では、
ディアンジェロのアルバム
”Black Messiah”
を少しだけご紹介します。

 

やはり、
約15年振りというだけあって
かなり気合の入った
アルバムです。

 

そのアルバム名の直訳は
「黒き救世主(メシア)」
という事であからさまに
政治的メッセージが詰まった
作品ですね。

 

しかし、
トゲのあるきつい言葉を
浴びせたいがための作ではなく
世の不条理と戦うすべての人たち
に贈る応援歌的側面もあります。

 

そんな、
アルバム”Black Messiah”
レコーディング・ミキシング
すべてヴィンテージ機材
を使ったそうですね!

 

完璧にアナログ手法で制作した今作は、
彼の表現力の豊かさ温かみ
引き立てています!

 

今回は、
そのアルバムの中でも
グラミー賞ノミネートで注目の
“Really Love”をご紹介します。
ぜひお聞きください!

=>D’Angelo and The Vanguard – Really Love

 

ライブの予定と詳細!

2016年3月28日
パシフィコ横浜国立大ホール
OPEN 18:30
START 19:30

 

2016年3月29日
大阪国際会議場メインホール
OPEN 18:00
START 19:00
だそうですね!

 

”D’Angelo and The Vangurd”の
”The Vangurds”
(ディアンジェロのプロジェクトに
参加したアーティスト達に敬意を
表してこう呼ぶ)
パフォーマンスにも期待ですね!

 

※こちらのアーティストも注目が
集まっています!
=>アラバマシェイクス‐CM曲のサウンド&カラーがグラミーに
・・・オールドなロックが軸のサウンド!

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA