小池百合子:冒頭解散は地方自治体の議会で可能?不可能?

―そういや…

小池百合子さんの会見が
余りに驚きだったので
忘れてましたが…

 

公約の冒頭解散って
可能なんでしょうか?

 

舛添問題の終盤でも
議会解散が話題に
なりましたよね。

 

そこで、
今回は議会の解散について
小池百合子さんの言う
冒頭解散可能かどうか
考えてみたいと思います。

こんな方にオススメ!
冒頭解散が可能かどうか気になる方



広告


また議会解散の話題

舛添問題の際も
議会解散が話題に
なりましたよね。

 

こちらのリンクで、
議会の解散について
調べました。

 舛添都知事の議会解散攻撃は?不信任可決なら検察にも期待

 

このように、
議会の解散には
幾つか用件がありました。

 

舛添問題の際には
不信任決議案が
提出された際に
首長である舛添さんが
解散権を発動するか
と言う問題でしたね。

広告


冒頭解散は可能?不可能?

一方で、
小池百合子さんが掲げる
冒頭解散と言う話は
就任後即解散と言う風に
受け止められました。

 

しかし、
解散は都民の署名
都議会が不信任決議を
出すかしないと
不可能なはずです。

つまり、
国会の様に
自由に解散することが
できないのです。

 

就任後冒頭解散だと
現実味のある路線は
不信任決議ですが…

 

不信任決議の定義

一応、
「不信任決議」
だけではなくて
それに準ずるものでも
可能ではあるみたいです。

 

それは、
辞職勧告決議や
問責決議、
その他重要な議題
だそうですね。

 

ただ、
この解釈には
どこまでを不信任と
みなすのか微妙で
何とも言えない点も
多いですね。

 

ただ、
めったなことでは
辞職勧告や
問責決議以外を
不信任とみなす例は
ないみたいです。

広告


結論どうなの?

結局のところ、
冒頭解散可能性
何とも言えないですね…

 

実現可能性がゼロ
というわけでは
ないのですが…

 

そのためには
不信任決議案の提出を
けしかけたりする必要
ありますよね…

 

一応、
都連を敵に回してますから
議会紛糾の末…
という事も考えられますが
微妙ですね…

 

都連が小池百合子さんを
嫌っている事を彼女自身が
知っているから?

 

あるいは、
小池百合子さんが
都知事になったら
不信任決議案→解散
となるような事を
持ちかける予定がある?

 

なにより、
また選挙ですか?
という声も出てくると
思われますね…

 

これは
ちょっと暗雲ですかね?

Click! オススメ関連記事
都連・自民が推薦しない理由は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA