田中彩子:ソプラノに脚光!旦那や大学等の出身校・評価は?

―100年に一人の逸材!

 

6月5日放送情熱大陸
世界的ソプラノ歌手、
田中彩子さんが登場するそうです。

 

音楽の都ウィーンで
喝采を浴びるほどの
腕前だそうですね!

 

そこで今回は、
その田中彩子さんについて
調べてみました!

こんな方にオススメ!
田中彩子さんが気になる方

6月5日放送の情熱大陸が気になる方



広告


田中彩子さんの経歴は?

田中彩子さんは、
1984年2月23日生まれの
ソプラノ・オペラ歌手です。

 

出生は京都ですが、
今はウィーンに在住。

 

元は3歳から始めた
ピアノでピアニストになるのが
夢だったそうです。

 

しかし、
音楽研修で行った発声練習時に
宮廷歌手に才能を認められ
18歳でウィーンへ留学。

 

この頃から
声楽を学び始めます。

 

22歳でソリストとして
デビューを果たしました。

 

その後、
ヨーロッパ各国の
コンサートホールで公演をし、
その先々で喝采を
浴びてきたそうです。

広告


出身校は?

こういった方は
音楽学校卒のイメージですが、
学歴は公表されて
いませんでした。

 

留学前までは、
地元京都の学校なのでしょうか?

 

ただ、
高校の時に、
音大への進学を志望して
いたそうです。

 

しかし、
田中彩子さんの手は小さく、
鍵盤の1オクターブ幅に
届かなかったそうです。

 

そのため、
ピアニストの夢を諦めたそうです。

 

この後に
留学したことも考えると
高卒という事でしょうか?

 

旦那さんはいるの?

検索に一緒に出てきた
旦那」のワードが気になり
調べてみました。

 



 

ファンの方々、朗報です、
独身だそうですよ 笑

 

美人過ぎるので、
彼氏とかがいそう
ですけどね…笑

広告


田中彩子さんのソプラノの評価は?

一般的には、
田中彩子さん
ハイ・コロラトゥーラ
という評価を得ています。

 

このコロラトゥーラというのは
声楽・オペラでよく使われる
音楽用語です。

 

元々はトリル(原音と
その音に対して2度上の音を
早く繰り返して歌う)
等の技法を織り交ぜて
急速に上下するフレーズの事や
技法を指します。

 

という超絶技巧なのですが、
転じて、これができる歌手も
コロラトゥーラと言うそうです。

 

その中でも、
高音域をもつ人を
ハイ・コロラトゥーラ
と称すそうです。

 

そのため、
田中彩子さん
ハイ・コロラトゥーラ・ソプラノ
と称えられる歌手なのです。

 

実際に、
どんな感じなのか
聞いてみましょう…

 田中彩子 / 「華麗なるコロラトゥーラ」レコーディング映像

 

聞いたことがある曲
なのではないでしょうか?

 

これは、
夜の女王のアリア
と呼ばれる曲です。

 

確か車のCMにも
なっていた覚えがあります。

 

この曲は
コロラトゥーラでないと
歌う事が難しい曲の一つで、
冗談抜きで天賦の才が必要です。

 

声帯がその高音を
発声できなければ
決して原曲キーで歌えない曲
だからです。

 

特に、
0:42~0:57のフレーズが
コロラトゥーラが入ったパートで
F4からF6の2オクターブ
音域を使いこなす必要があります。

 

あまりピンとこないと思うので
Hz(ヘルツ)になおすと
約349Hz~1396Hzあたりの
音帯になります。

 

因みに、
一般的な女性の音帯は
約164Hz~1174Hzらしいです。

 

先ほどの動画では
田中彩子さんでも
最高音は全力な感じでしたね。

 

いかに
ハイ・コロラトゥーラ
田中彩子さんが凄いか
わかりますね。

 

この歌声が
ヨーロッパでは
天使の歌声
鳥の様な美しさ
と評価されているそうですね。

 

まさに
その通りだと思います。

 

正確で美しい高音で
あの超絶技巧をこなす
才能と努力の結晶ですよね。

 

※こんな日本を代表する
音楽家も注目を集めました!
…快挙でしたね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA