秋のおすすめ名曲邦楽7選!―ドライブや行楽に聞きたい!

―秋の曲は少ない…?

 

少し気が早いですが、
季節の変わり目を
先取りしまして…

 

秋っぽい名曲(邦楽)
集めていました!

 

秋の旅行のお供に
いかがでしょうか?

こんな方にオススメ!
秋のオススメの音楽が気になる方



広告


おことわり

このページは、
主の独断と偏見でお送りします 汗

 

異論は多分に認めます 笑

 

以上の事を
ご理解していただいた上でドウゾ!

 

秋の曲って少ない…

正直、
私にとっては
探し出すのが辛かったです。

 

意外と、
秋の曲って少ないですね。

 

凄いマイナーにするのも
アレですし…

かといって、
定番なのは
ほぼないし…

 

これは多分、
カラオケとか車内で
困るやつですね。

 

「秋っぽい曲かけて~」
「…」

 

ってなるやつですね。

 

春夏冬はあるのに…
秋は無い。

 

これは個人的には
あからさまに秋を
歌っている曲が少ないから
と考えています。

 

又、
冬の始まりと
合わせて歌ってる
感じなら多い気がします。

 

なので、
見つけにくい、
どの時期を指してるか
微妙なのかなと。

 

…とまぁ、
言い訳はこれくらいにして
ご紹介しましょうか…汗

広告


秋のおすすめ名曲邦楽7選!

1.楓/スピッツ

 スピッツ / 楓

これが速攻
思い浮かびました。

 

海外からの評価も高く、
草野さんの味が際立つ
切ない歌詞とメロディ
胸に刺さりますね。

 

所々主張してくる
ベースの音とギターの音が
この曲の切なさを
さらに際立たせてます。

 

2.コスモス/レミオロメン

アルバム「ether」
に入っている曲の一つ。

 

動画の方は
見つからなかったので
勘弁してください…汗

 

それでも、
紹介したかった曲なので。

 

この曲のメロの
間延びした感じと
サビの疾走する感じの
対比が印象的です。

 

ですが詞は、
曲の雰囲気とは裏腹に
悲しい感じですね。

 

やっぱり秋の曲って、
こういう悲しい詞が
多い傾向ですね。

 

3.トワイライト/GOING UNDER GROUND

 GOING UNDER GROUND/トワイライト

 

一方、
こちらは悲しくない詞。

 

どちらかと言うと
勇気や元気を貰える曲です。

 

昔、
NHKの番組にも
使われていたようですね。

 



 

トワイライトは
ゴーイングの面子が
5人揃っていた時の
ヒットナンバーの
一つですね。

 

こういった
センチメンタルかつ
爽やかな音楽は
ゴーイングの得意な
ニュアンスですね。

 



 

―主役が君と僕の
脇役のいないストーリー

―主役は君と僕で
それぞれ、ほら、
違うストーリー

 



 

相変わらず、
このサビのフレーズ…
グッときますね。

 

しかも、
それが松本素生さんの
ボーカルで歌われるので
もっと響くという…

広告


4.ゆず/飛べない鳥

 飛べない鳥

 

今でこそ大御所ですが、
これはデビュー後数年の
2000年リリースの
ゆずの名曲です。

 

累計売上38万枚。

 

CDが売れない最近じゃ
なかなかみれない
数字ですよね。

 

もちろん、
この時の勢いも
凄かった記憶があります。

 

個人的にですが、
ゆずと言うと
アコースティックが
全面に出ているイメージが
ありますが…

 

このあたりから
スタイルの幅
広がっていった感が
ありますね。

 

5.晩秋/ガガガSP

 ガガガSP 晩秋

 

一直線の青春ロックを
やってくれるガガガSP

 

好き嫌いがわかれる
アーティストですが…

 

こういった方面も
ご紹介したいと思います。

 

正直、
秋かどうかは
あまり気にしてない
感じですね 笑

 

一応、晩秋です。

 

兎に角まっすぐ。

 

まっすぐすぎて
盛大に字余り

 

しかし、
それをカバーする
ボーカル:コザック前田さんの
恐ろしいほどの早口

 

カラオケとか
メチャクチャ難しいですよ 笑

 

6.君の街まで/ASIAN KUNG-FU GENERATION

 ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君の街まで』

 

私個人としては
今は昔よりも
政治色を強めてしまって
ガッカリなのですが…

 

昔のアジカンは
大好きでした。

 

デビューから
全盛期までの音楽は
良いモノばかり
でしたからね。

 

この曲はその一つ。

 

秋っぽさを問われると、
アウトロ部分の歌詞とか
ですかね…。

 

また、
全体的に、
肌寒さやもの悲しさが
伝わる曲ですので。

 

私の中では
秋の終わり
再生されています…

 

そしてもう一つ、
注目すべき点は
あのPVですね。

 

詞とPVが
ここまで離れてるのって
なかなか無いのでは
ないでしょうか?

 

PV製作者たちの
意図を聴きたいですね。

 

ザリガニ…
(子持ち)

 

7.石焼イモ/ブリーフ&トランクス

 ブリトラ 石焼イモ 高音質

はい。
ネタです。

 

これを
ねじ込みたくなるほど
枯渇していました 笑

 

切ないストーリーと
空気の読めない
石焼き芋売りの人との
淡くも酸っぱい音楽を
どうぞお楽しみください。

 

ブリトラらしい
シュールな世界観が
個人的に好きです。

 



 

情景描写が…
シュールすぎて
ニヤニヤしますよ。

 



 

…秋っぽさ…?

 



 

石焼き芋

 

すいませんでしたッ!

 

…更に音楽を探したい方へ
おすすめ音楽特集へ

Click! オススメ関連記事
夏のドライブならこちらもオススメ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA