アラバマシェイクス‐CM曲のサウンド&カラーがグラミーに

寒さが深まってきましたね。

 

皆さん、お元気でしょうか?

 

今回は、グラミー賞の特集で、

紹介しきれていなかったグループの一つ、

アラバマシェイクスについての話題です!



広告


アラバマシェイクスとは?

アラバマ・シェイクス(Alabama Shakes)は、

 

リードボーカル・ギターのブリトニー・ハワード(Brittany Howard)

ギターのヒース・フォッグ(Heath Fogg)

ベースのザック・コックレル(Zac Cockrell)

キーボードのベン・タナー(Ben Tanner)

ドラムのスティーヴ・ジョンソン(Steve Johnson)

 

の5ピースバンドです。

 

2009年に結成した後2011年頃から脚光を浴び始め、

2013年のグラミー賞では、

最優秀新人賞最優秀ロック演奏賞最優秀録音作品賞

ノミネートまで上り詰めました。

 

今回の2016年のグラミー賞でも、

最優秀アルバム賞のノミネート

受賞への期待が高まっています!

 

そんな、アラバマ・シェイクスは、

その表現力技量にも

大いに注目が集まっています。

 

その作風は最近のデビューにも関わらず、

ちょっとオールドな感じです。

聞いてみてください!

=>Alabama Shakes – Hold On (Official Video)

 

如何でしょうか?

おそらくこの曲の雰囲気もありますが、

こもった感じのドライブにどこか懐かしさを覚えますね。

 

ロックと言っても、

アラバマ・シェイクス

ソウルサザンブルースを主としています。

 

これはどれも一昔前のスタイルで、

一種、ロックでは鉄板化している節があります。

 

なので、

「またか…」

と思われがちですね…汗

 

しかし、彼らの作る音楽は

違う雰囲気を持っています!

 

確かな技術と彼らのセンスが織りなす曲は

昔のカッコいいロック

のように聞こえますね!

 

しかしそれでいて、

どこか今風…

という不思議な感じでもあります!

 

※古い曲と言えば、一緒に古いヒット作を時代を追いながら楽しみませんか?

=>グラミー賞歴代受賞者プレイバック~1959~

・・・不朽の名作から意外なアノ曲まで…意外と面白いですよ!

 

広告


アラバマ・シェイクスの曲

先ず、2016年の最優秀アルバム賞にノミネートした、

“Sound&Color”(サウンド&カラー)

のタイトルになった曲をご紹介しましょう!

 

先ほど紹介した曲とは、

また、趣向の違った曲に仕上がっています!

=>Alabama Shakes – Sound & Color (Official Video)

 

iPad ProのCMにもなっていたので、

聞いたことがある方もいるかもしれません!

 

ブリトニー・ハワードソウルフルな歌声と、

キーボードの空間系の音が不思議な雰囲気を

演出していますね!

 

その他の人気曲もご紹介します!

コチラはクールな感じですね!

=>Alabama Shakes – Don’t Wanna Fight (Official Video – Live from Capitol Studio A)

 

この曲、”Don’t Wanna Fight”も、

同じ”Sound&Color”内に収録されています。

 

そして何より、

アラバマ・シェイクスのアルバムの中でも

かなり評価の高い作です!

 

イントロとサビに入っている

ギターのキラーフレーズが本当にキラーです!

 

また、絶妙なタイミングで入るカット

グッとくるポイントの一つだと感じました!

 

本当に実力派バンドですので、

受賞の可能性は大いにありますね!

 

まとめ

アラバマ・シェイクスは、

実力派の5人組バンドです!

 

その実力や人気で、

2016年のグラミー賞獲得を狙います!

 

また、

彼らの作風は、

古さの中に新しさを感じる

不思議な音楽ですね。

 

昔のカッコいい音楽を今でも受け入れやすく

アレンジしているのでしょうか?

スッと呑み込めるカッコ良さですね!

 

2016年のアラバマ・シェイクス活躍と、

グラミー賞の行方が気になりますね!

 

※ノミネートで注目が集まっているアーティストや作品の記事!

=>ケンドリックラマーの人気曲やアルバム等の注目作品を紹介

・・・ケンドリックラマーのアツいメッセージ!

=>グラミー賞2016まとめページはコチラ

 

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA