憲法改正?9条を変えるメリット・デメリットをわかりやすく

―参院選公示!

9党首討論を皮切りに
参院選公示されましたね。

 

各党が各所で
鎬を削っています。

 

そこで、
今回は大きな争点の一つ
憲法改正9条について
考えてみます。

こんな方にオススメ!
憲法改正で9条を変えるメリットとデメリットが気になる方

参院選が気になる方



広告


よくわからない憲法改正論議

街頭デモやら
TV、国会で言われる
憲法改正論議

 

日本は戦争をする気だとか
国を守れないのはおかしいとか
白熱してますよね…

 

安倍総理は
次期国会では憲法改正を
具体的に詰めていくらしいので
今回の参院選は大事な戦いです。

 

そのため、
各党ともに激しい論戦を
繰り広げています。

 

しかし、
この問題のポイント
どこにあるのでしょうか?

 

憲法9条改正のメリットとデメリットは?

皆さんも知っている通り、
この憲法9条は稀な憲法です。

 

平和憲法とも呼ばれ
世界でも有名だと
習ったのでは
ないでしょうか?

 

しかし一方で
現在の海外情勢は
悪化の一途を辿っています。

 

竹島不法占拠
尖閣諸島への領海侵入
北方領土の蹂躙

 

現在の平和が
名ばかりなのも
事実なのです…。

 

そこで、
現代の情勢に合った
9条にしていくのが
改憲派の狙いなのです。

 

しかし、
憲法改正には
反対派もいますね。

 

彼らはお互いに
主張し合ったり
時に罵り合ったり…

 

結局、
9条を改正する事は
どんなメリット
デメリット
あるのでしょうか?

 

ザックリとですが
見ていきたいと
思います。

 

先ず、
メリットから
見てみましょう…

広告


メリット

1.領土問題の打開

この手の侵略に対して
ある程度強気に出れます

 

もちろん
軍事力等の兼ね合いも
ありますが…

 

現状の憲法9条は
表記のブレによって
解釈が変わるので
中韓ロの侵略に対する
拿捕や反撃に対しても
しっかりとした対策が
できませんでした。

 

その点を
改善することで
謎の漁船や軍艦の
拿捕撃沈を速やかに
行えるようになる
かもしれません。

 

2.アメリカと軍事面で対等になれる

アメリカに
守られ続けることは
軍事絡みだと言いなり
という事になります。

 

アメリカ国内でも
なぜ日本を守り続けるのか
という議論が出ています。

 

結局、
日本の防衛面は
アメリカの匙加減
という事になっているのです。

 

その状態を
変えるきっかけに
なるかもしれません。

 

3.東・南シナ海で密に連携できる

中国は国家の思想が
未だに数世紀前の
拡大主義のままです。

 

これは、
ユーラシア大陸内陸
インド半島
南シナ海
東シナ海
を脅かす問題です。

 

日本が
軍事力を持つ事で、
中国という国際問題の種を
東から南にかけて
封じ込めることに繋がります。

広告


デメリット

1.軍事費の増大

9条を変えるという事は
軍事面で自立した国
なる事です。

 

しかし、
そうなると
軍事費・防衛費の拡大
考えられるでしょう…

 

必ずや、
特定の国々が
「日本が侵略する」
等と言い出して
強硬路線になるからです。

 

そうなれば、
ただでさえ緊張している
極東情勢をより緊張させる
事になりますね。

 

そうすれば、
日本の科学技術の粋を集め
一定の軍事力へ拡大維持
しなければいけません。

 

2.9条改正後に暴動

これも考えられます。

 

日本国内にも
反日分子は多分におり、
特定地域の暴動
怒るかも知れません。

 

3.核配備問題の再考に発展するかも

今のところ、
核が最大最強の
最終兵器ではあります。

 

なので、
国内では改正後、
核配備問題の再考
国民の世論が割れる
可能性も考えられます。

 

この場合、
持たない事を選ぶと、

核を越える攻撃力の
ある武器の開発
完全に核を打たせない方法
このどちらかが無いと
厳しいことになります。

 

因みに…

この手の問題で
盛んに出てくる

日本は安倍総理は
戦争しようとしている

…は論理の飛躍か
行き過ぎたプロパガンダ
なのでご注意ください。

 

この手の問題で出る
徴兵制、
第二次世界大戦の再来、
他国の戦争に巻き込まれる、
といった話は、

新しい9条の内容
他の法律の改正
三権分立の崩壊

といった事が
運悪く合わさらないと
起きない事です。

 

又、
改憲派の草案では
これ等に配慮しています。

 



 

なので、
一応以上のポイントが
争点の本質かな?
…と思います。

 

…他にも
あるかもですが…

 

今回の参院選の
大きな争点ですから
しっかりと考えたい
ところですね…

Click! オススメ関連記事
18歳選挙権も始まりますね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA